教員紹介

大薗 修一

教員詳細

大薗 修一
准教授
大薗 修一 OZONO SHUICHI
所属 教育研究施設 語学教育研究センター
学位 博士 (学校教育学)
ホームページ

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    外国語教育、 英語教育学

  • 研究テーマ

    EFLリーディングにおける認知メカニズム、大学生の英語学習に対する動機付け

担当科目

Reading & Writing I, II, Basics for Teaching English A, B, 教科指導法研究(英語) I, II

学生のみなさんへのメッセージ

"Having dreams is what makes life tolerable." 小さくても、大きくても夢を持つことはすばらしいことです。 大学生活を通して多くの夢を持ち、5年後、10年後の自分を想像し、夢の実現に向けて努力してみましょう。

学歴

1998年3月 九州産業大学国際文化学部国際文化学科卒業
2001年3月 福岡教育大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了
2005年3月 兵庫教育大学大学院連合学校教育研究科教科教育実践学専攻博士課程修了

研究業績

著書

論文

  • Reading 教材としての新しいe-learningコンテンツの開発 ― KSU Spotline Reading と予備的調査 ― 共著 2017年3月31日 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』(12号) 大薗 修一, Bovee, N. 79-87
  • KSU English Grammar Test 2015を用いた大学生の文法理解度調査 共著 2016年3月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』(11号) 大薗 修一, Stewart, J. 21-32
  • 実践的なリーディング指導におけるチャンク (フレーズ) 音読の影響について(査読付き) 単著 2016年1月 『鳴門英語研究』(26号) 65-78
  • The Development and Validation of a Measure of Student Interest in English Learning Tasks 共著 2015年3月31日 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第10号(10号) Andrew Thompson, 大薗修一, Mark Howarth, Alonzo R. Williams, Luke K. Fryer 5-16
  • KSU English Grammar Test の開発に向けた文法理解度調査 共著 2015年3月31日 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第10号(10号) 川嶋 真由美, 大薗 修一, Stewart, J., 保家 信太郎 48-57
  • Motivational commercials in the context of English Language learning at a Japanese University: Concept and Pilot 共著 2014年12月 九州産業大学総合情報基盤センター紀要『COMMON』 (34号) Luke Fryer,佐野彰, Nicholas Bovee, 大薗修一 14-20
  • 大学における実践的なリーディング指導 ― 4技能の統合を目指して ―(査読付き) 単著 2014年8月11日 九州英語教育学会『紀要』(42号) 31-39
  • A report on students’ fluency and self-concept development within KSU LERC's first and second-year Eigo/Eigokaiwa classes 共著 2014年3月31日 Kyushu Sangyo University Language Education and Research Center Journal(9号) Fryer, L. K., & Ozono, S. 75-80
  • KSU Reading Spotlightシリーズの共同製作に関する進展状況 単著 2014年3月31日 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』(9号) 90-95
  • Instrumental reasons for studying in compulsory English courses: I didn’t come to university to study English, so why should I?(Refereed Papers) 共著 2013年10月2日 Innovation in Language Learning and Teaching Luke Fryer,大薗修一, Peter Carter, 中尾かおり, Charles J. Anderson.
  • Scaling acquisition of grammatical forms 共著 2012年3月31日 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第7号 九州産業大学 掲載頁: pp. 54-65(7号) 保家信太郎,Jeffrey Stewart, 大薗修一, Luke Fryer 54-65
  • 語学教育研究センター・全学共通英語教育報告 - 本学学生の入学時の英語能力について - 共著 2011年3月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第6号 九州産業大学 掲載頁: pp. 89-96(6号) 大薗修一,松本孝徳 89-96
  • Chunking Effects on Learner Comprehension and Reading Speed 共著 2010年3月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第5号 九州産業大学 掲載頁: pp. 119-136(5号) 與古光宏,大薗修一 119-136
  • Instrumental motivation in compulsory English classes: A inventory exploration and validation 共著 2010年3月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第5号 九州産業大学 掲載頁: pp. 137-149(5号) Luke Fryer,大薗修一 137-149
  • Instrumental Motivation in EFL University Classrooms: An Inventory Validation 共著 2009年4月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第4号 九州産業大学 掲載頁: pp. 37-49(4号) Luke Fryer,大薗修一,Peter Carter 37-49
  • The Effect of Chunking on Text Level by EFL Learner 共著 2009年4月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第4号 九州産業大学 掲載頁: pp. 50-69(4号) 與古光宏,大薗修一 50-69
  • e-learning における補助教材としてのリーディングミニテストの可能性 共著 2008年4月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第3号 九州産業大学 掲載頁: pp. 131-145(3号) 中原由利香, 與古光宏, 大薗修一 131-145
  • Two Possible Readings of The Gettysburg Address: The “DASH” and “SHALL” Readings(Refereed Papers) 共著 2008年3月 『NIDABA』第37号 西日本言語学会  掲載頁: pp. 67-75(37号) Vernon Sullivan,富原裕二,大薗修一 67-75
  • EFLリーディングにおけるe-learning を活用した教室外学習の効果に関する実証的研究 ― 学習時間とリーディング能力の相違が及ぼす影響に焦点を当てて ― 共著 2007年4月 九州産業大学語学教育研究センター『紀要』第2号 九州産業大学  掲載頁: pp. 35-51(2号) 大薗修一、中原由利香、與古光宏 35-51

学会関係

  • 言語教育における協働性の実現 ― グローバル・イングリッシュプログラムにおける一般英語科目の取り組みと教員間の連携について 共同 2017年7月8日 大学英語教育学会九州・沖縄支部第29回支部研究大会(大学英語教育学会九州・沖縄支部) 荒木瑞夫,,大薗修一,ベルガ―舞子,小笠原真司
  • KSU English Grammar Test 2015 による大学生の文法理解度に関する調査 単独 2016年12月 九州英語教育学会第45回福岡研究大会(九州英語教育学会)
  • 大学におけるリーディング活動 ― 主体的な学びを目指して ― 共同 2016年6月 外国語教育メディア学会第45回(2016年度) 九州・沖縄研究大会シンポジウム(外国語教育メディア学会九州・沖縄支部) 大薗修一,田中大三,柿原寿人
  • 英語文法テスト開発に向けた大学生の文法理解度調査 共同 2015年8月23日 第41回全国英語教育学会熊本研究大会(全国英語教育学会) 川嶋真由美,大薗修一
  • 大学における実践的なリーディング指導 ― チャンク (フレーズ) 音読の影響について ― 単独 2014年8月9日 第40回全国英語教育学会徳島研究大会(全国英語教育学会)
  • リーディング指導と4技能の統合- 小中学校の連携および高等学校、大学の場合-「大学における実践的なリーディング指導- 4技能の統合を目指して -」 単独 2013年8月10日 第39回全国英語教育学会北海道研究大会(全国英語教育学会)
  • 学部横断型少人数能力別クラス編成における『英語』科目での指導について ~九州産業大学に「全学共通英語教育」での実践例 ~ 共同 2010年12月 九州英語教育学会第39回鹿児島研究大会(九州英語教育学会) 與古光宏,大薗修一
  • 九州産業大学における全学共通英語教育プログラム– 学部横断型能力別クラスによる指導– 単独 2010年9月 第49回(2010年度) JACET全国大会
  • 全学共通英語教育における数値目標達成者に対する指導実践 共同 2010年8月 第36回全国英語教育学会大阪研究大会 保家信太郎,大薗修一
  • 九州産業大学における全学共通英語教育と初級クラスでの三段階指導の試み 共同 2009年11月 第38回九州英語教育学会沖縄研究大会 大薗修一,保家信太郎,與古光宏
  • Two Possible Readings of The Gettysburg Address: The “DASH” and “SHALL” Readings 共同 2007年9月 西日本言語学会第37回研究発表会(西日本言語学会) Vernon Sullivan、富原裕二、大薗修一

講演関係

  • 「英語」初級クラスにおける三段階指導とその成果 ~ 『ALC NetAcademy 英文法コースレベル1テキスト』による実践 ~ 単独 2010年7月 アルク教育社 ALC NetAcademy2 ワークショップ(福岡市: サンライトビル)

学会等および社会における主な活動

  • 西日本言語学会 1999年4月~現在
  • 全国英語教育学会 2001年4月~現在
  • 四国英語教育学会 2001年4月~現在
  • 鳴門英語教育学会 2001年4月~現在
  • 日本教科教育学会 2001年4月~現在
  • WorldCALL 2008福岡大会(WCF)九州・沖縄支部実行委員 2008年8月
  • 第37回九州英語教育学会福岡研究大会 実行委員 2008年11月23日
  • 大学英語教育学会 第50回記念国際大会 地元実行委員 2009年4月~2011年9月
  • 外国語教育メディア学会第41回九州・沖縄支部研究大会実行委員 2011年6月
  • 外国語教育メディア学会 九州・沖縄支部運営委員 2012年4月~現在
  • 大学英語教育学会 九州・沖縄支部研究企画委員 (支部役員) 2013年4月~現在
  • 外国語教育メディア学会 九州・沖縄支部紀要編集委員 2013年4月~現在
  • 大学英語教育学会 九州・沖縄支部紀要編集委員 2014年4月~現在
  • 第54回外国語教育メディア学会全国研究大会実行委員 2014年8月4日~2014年8月6日
  • 第41回全国英語教育学会熊本研究大会実行委員 2015年8月22日~2015年8月23日
  • 大学英語教育学会 第54回 (2015年度) 国際大会地元実行委員 2015年8月29日~2015年8月31日
  • 大学英語教育学会 九州・沖縄支部紀要編集副委員長 2016年4月~2017年3月
  • 外国語教育メディア学会 九州・沖縄支部幹事 2016年4月~現在
  • 外国語教育メディア学会 外国語教育メディア学会学会誌編集委員 2016年5月~2017年5月
  • 大学英語教育学会 九州。沖縄支部事務局幹事 (事務局長) 2017年4月~現在