教員紹介

藤田 尚志

教員詳細

藤田 尚志
教授(国際文化学部・国際文化学科・欧米文化コース委員, 国際文化学部・国際文化学科・キャリア支援センター運営委員, 国際文化学部・国際文化学科・キャリア支援センター学部内運営委員, 国際文化学部・国際文化学科・教務委員)
藤田 尚志 fujita hisashi
所属 国際文化学部 国際文化学科
学位 博士(哲学)
ホームページ http://sites.google.com/site/pratiquestheoriques/Home

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    ジェンダー、 哲学・倫理学、 思想史、 ヨーロッパ文学、 教育社会学、 哲学(とりわけ近現代フランス思想)

  • 研究テーマ

    主テーマ:ベルクソンを中心とするフランス近現代思想、副テーマ:1)哲学と大学、2)フランス近現代思想における結婚の形而上学とその脱構築

担当科目

哲学入門、哲学の世界、倫理の世界、教養講座、ゼミナールII、プロジェクト・ゼミナール、欧米思想史A、卒業論文

学生のみなさんへのメッセージ

哲学とは古代ギリシャで生まれ、中世・近世・近代の西洋を経て、現在世界中に広まっている思考態度であり、人間の経験と思考をめぐって、その可能性と限界を見定めようとするものです。 哲学を学問として学ぶ場合、1)哲学力、2)哲学史的知識、3)語学力の三つが必要となります。私が担当する科目名で言えば、「哲学の世界」「倫理の世界」「卒論ゼミ」などは1、「哲学入門」「ヨーロッパ近現代思想B」などは2、「ゼミナールII」「フランス文学演習」などは3に当たります。 大学以外で哲学をきちんと学ぶ機会はそう多くはありません。これからの人生をいかに生きていくか。大学時代に少し真剣に考えてみたいという学生の皆さんには受講をお勧めします。

学歴

1997年3月 京都大学文学部(フランス語学フランス文学科)卒業
1999年3月 東京大学人文社会系研究科欧米系文化研究専攻修士課程修了
2006年3月 東京大学人文社会系研究科欧米系文化研究専攻博士課程単位取得満期退学
2007年11月 フランス・リール第三大学にて博士号(哲学)取得
2007年11月 フランス・リール第三大学博士課程修了

研究業績

著書

  • 平井靖史・藤田尚志・安孫子信編『ベルクソン『物質と記憶』を解剖する――現代知覚理論・時間論・心の哲学との接続』 共著 2016年11月7日 書肆心水 平井靖史、藤田尚志、安孫子信、バリー・デイントン、河野哲也、郡司ペギオ幸夫ほか 「はじめに」(5-8頁)、「ベルクソンの未来――『物質と記憶』から『創造的進化』へ」(101-104頁)
  • 鹿島徹・川口茂雄・越門勝彦編『リクール読本』 共著 2016年7月27日 法政大学出版局 鹿島徹・川口茂雄・越門勝彦・藤田尚志ほか 228‐243
  • 岩野卓司編『共にあることの哲学――フランス現代思想が問う〈共同体の危険と希望〉1[理論編]』 共著 2016年4月24日 書肆心水 岩野卓司ほか 247-284
  • 藤田尚志・宮野真生子編『家族』、シリーズ『愛・性・家族の哲学』③ 共著 2016年4月16日 ナカニシヤ出版 藤田尚志、宮野真生子ほか iii-vi, 2-37
  • 藤田尚志・宮野真生子編『愛』、シリーズ『愛・性・家族の哲学』① 共著 2016年4月15日 ナカニシヤ出版 藤田尚志、宮野真生子ほか 206-209
  • 藤田尚志・宮野真生子編『性』、シリーズ『愛・性・家族の哲学』② 共著 2016年4月15日 ナカニシヤ出版 藤田尚志、宮野真生子ほか iii-vii
  • Shin Abiko, Hisashi Fujita et Masato Goda (éds.), "Tout ouvert : L'évolution créatrice en tous sens" 共著 2015年10月 Georg Olms , coll. "Europea Memoria" Shin Abiko, Hisashi Fujita et Masato Goda (dir.) 5-6, 225-247
  • Brigitte Sitbon (éd.), "Bergson et Freud" 共著 2014年4月 Paris : PUF, coll. "Philosophie française contemporaine" Hisashi Fujita 141-154
  • Kenjiro Tamogami (ed.), "Fragments & Wholes. Thoughts on the dissolution of the human mind" 共著 2013年9月 Editions L'improviste Hisashi Fujita 81-112
  • 西山雄二編『人文学と制度』 共著 2013年3月 未來社 藤田尚志 306-340
  • 金森修編『エピステモロジー――20世紀のフランス科学思想史』 共著 2013年1月 慶應義塾大学出版会 藤田尚志 323-407
  • Camille Riquier (éd.), "Bergson" 共著 2012年12月 Paris : Cerf, coll. "Les Cahiers d'Histoire de la Philosophie" Hisashi Fujta 223-238
  • 西日本哲学会編『哲学の挑戦』 共著 2012年11月 春風社 藤田尚志 299-343
  • Alexandre Lefebvre and Melanie White (eds.), "Bergson, Politics, and Religion" 共著 2012年6月 Duke University Press Hisashi Fujita 126-143
  • Shin Abiko, Hisashi Fujita et Naoki Sugiyama (éds.), "Disséminations de L'évolution créatrice de Bergson" 共著 2012年5月 Georg Olms Verlag, coll. "Europaea Memoria" Hisashi Fujita 5-6, 59-73
  • Débora Cristina Morato Pinto et Silene Torres Marques (org.), "Henri Bergson, Crítica do negativo e pensamento em duração" 共著 2009年 São Paulo : Alameda Hisashi Fujita 131-154
  • 西山雄二編『哲学と大学』 共著 2009年3月 未來社 藤田尚志 224‐248
  • Y. Kobayashi et Y. Nishiyama (ed.), "Philosophie et Education II. Le droit à la philosophie" 共著 2009年3月 Tokyo : UTCP Hisashi Fujita 21-36
  • 久米博・中田光雄・安孫子信編『ベルクソン読本』 共著 2006年4月 法政大学出版局 藤田尚志 312-317

論文

  • 「役に立つ」とはどういうことか?――デリダ、プラグマティズムから考える哲学的大学教育論 単著 2016年6月 公益財団法人大学コンソーシアム京都『2015年度第21回FDフォーラム報告集』(236-246号)
  • 分人主義的結婚は可能か?――ドゥルーズ=ガタリの『アンチ・オイディプス』を読み直す 単著 2016年3月15日 玉川大学人文科学研究センター年報『Humanitas』(第7号) 129-143
  • 結婚の形而上学とその脱構築――契約・所有・人格概念の再検討 単著 2015年3月15日 北海道大学大学院文学研究科 応用倫理研究教育センター編『応用倫理――理論と実践の架橋』vol. 8 別冊『結婚という制度 その内と外――法学・社会学・哲学からのアプローチ』(vol. 8別冊号) 24-40, 44-47, 49-50, 52, 54
  • ソフィストの力(アレテー)――大学における哲学教育に関する若干の考察 単著 2014年12月26日 九州大学哲学会編『哲学論文集』(第五十輯号) 75-102
  • 大学の時間 単著 2014年3月 京都文教大学人間学研究所編『人間学研究』(第14号) 70-77, 83-85, 87-88, 90
  • Politiques de l'emotion. Une lecture des Deux Sources de la morale et de la religion (1932)  I. La portee de la voix : l'appel et la personnalite 単著 2011年4月 Croisements (Revue francophone de sciences humaines d'Asie de l'Est, ?sous l'egide des societes savantes francophones chinoise, coreenne, japonaise et taiwanaise), no. 1 208~236頁
  • デジャヴをめぐって:偽なるものの力と記憶の無為―ドゥルーズか、ベルクソンかⅢ」 単著 2010年3月 『記憶と実存~フランス近現代文学におけるネオ・ジャクソニスム的傾向~』(科学研究費補助金中間報告書) 55~81頁
  • 場所の記憶、記憶の場所―ベルクソン『物質と記憶』における図式論の問題」 単著 2010年3月 『九州産業大学国際文化学部紀要』第45号 181~193頁
  • ベルクソン研究の現在――サーヴェイ:フランス、英米、日本の現状 単著 2009年12月 『思想』(岩波書店)第1028号「ベルクソン生誕150年」 118~139頁
  • Le tremplin et la table. La matérialité chez Bergson et Lévinas 単著 2008年12月 Frederic Worms (ed.), Annales bergsoniennes, tome IV, Paris : PUF Hisashi Fujita 269-283
  • Cassirer, lecteur de Bergson(Refereed Papers) 単著 2007年5月 Frederic Worms (ed.), Annales bergsoniennes, tome III, Paris : PUF Hisashi Fujita 53-70

新聞・Web等掲載関係

  • 固定観念はどこから? 立ち止まって考える 『愛・性・家族の哲学』全3巻を出版 共著 2016年4月27日 西日本新聞 平原奈央子、藤田尚志、宮野真生子 15(文化欄)

雑記寄稿関係

  • 愛・性・家族の関係をめぐる哲学的研究 フランス近現代思想の観点から 単著 2016年6月 科研費NEWS(2016年度 VOL.1号) 4

学会関係

  • 18世紀フランス文学における結婚の形而上学とその脱構築――レチフの場合(ルソーとサドの間で) 単独 2016年10月23日 日本フランス語フランス文学会2016年度秋季大会ワークショップ5《レチフ・ド・ラ・ブルトンヌを読む――記憶・系譜・道徳》(日本フランス語フランス文学会)

国際会議関係

  • L’avenir de Bergson: la khorologie, le hyper-schématisme et la hantologie dans Matière et Mémoire 単独 2016年11月13日 PBJ 8th International Colloquium 2016 : "Diagnoses of Matter and Memory: Bergson and the Problems of Brain, Time and Memory"(Project Bergson in Japan)
  • Comment on papers of Mr. Riquier and Mr. Murayama 単独 2016年11月10日 PBJ 8th International Colloquium 2016 : "Diagnoses of Matter and Memory: Bergson and the Problems of Brain, Time and Memory"(PBJ (Project Bergson in Japan))

研究発表・報告関係

  • 性規範のゆくえ(隠岐氏、重田氏の発表へのコメント) 単独 2016年12月9日 『愛・性・家族の哲学』刊行記念イベント#10《性――規範と欲望のアクチュアリティ》『愛・性・家族の哲学』刊行記念イベント#10《性――規範と欲望のアクチュアリティ》(科学研究費基盤研究(C)「近代科学の解体から愛・性・家族の哲学的基盤構築へ—変容する身体性を核として—」研究課題番号16K02152(研究代表者:宮野真生子)および科学研究費基盤研究(C)「フランス現代哲学における主体・人格概念の分析(愛・性・家族の解体と再構築を軸に)」研究課題番号:16K02151(研究代表者:藤田尚志))

口頭発表

  • 家族の脱構築――ヘーゲル、デリダ、バトラーによるアンティゴネー読解から出発して 単独 2016年11月18日 第23回 新潟哲学思想セミナー(NiiPhiS)特別企画≪家族の「きずな」を哲学する――私たちをつなぐものはどこにある?≫(宮﨑裕助氏、阿部ふく子氏、大島梨沙氏、宮野真生子氏とともに)(新潟哲学思想セミナー)

講演関係

  • ハイデガーからベルクソンへ――伸張(Dehnung)と振動(Schwung) 単独 2016年12月4日 西日本哲学会第67回大会 シンポジウム≪ハイデガーとベルクソン 生の哲学再考≫(司会:森田團氏、他の発表者:西山達也氏)(西日本哲学会)
  • 「役に立つ」とはどういうことか?デリダ、プラグマティズムを用いた哲学的大学教育論 単独 2016年3月6日 大学コンソーシアム京都第21回FDフォーラム第7分科会(公益財団法人大学コンソーシアム京都(分科会コーディネーター:坂本尚志先生(京都薬科大学)、報告者:渡邉浩一先生(大阪工業大学)、宮野公樹先生(京都大学・学際融合教育研究推進センター)、田中毎実先生(武庫川女子大学)とともに)@京都外国語大学)
  • 分人主義的結婚は可能か?――ドゥルーズ=ガタリの『アンチ・オイディプス』から考える 単独 2015年11月14日 玉川大学人文科学研究センター平成27年度第3回公開講演会(シンポジウム)《結婚を哲学する――フランス現代哲学の観点から》(玉川大学人文科学研究センター)

受賞

  • 日本フランス語フランス文学会2010年度学会奨励賞 単独 2010年4月 日本フランス語フランス文学会

その他

  • Sub-Stance, Issue 114 (co-authored, Univ. of Wisconsin Press, 2007) 単独 2007年