教員紹介

宮﨑 裕子

教員詳細

宮﨑 裕子
准教授
宮﨑 裕子 MIYAZAKI YUKO
所属 国際文化学部 日本文化学科
学位 博士(文学)
ホームページ

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    日本文学

  • 研究テーマ

    中古・中世文学

担当科目

ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ、卒業論文、古典に学ぶA、日本文学特講、フィールドスタディ基礎A・B

学生のみなさんへのメッセージ

 日本の代表的な古典文学である『源氏物語』は、何度も映像化され、関連書籍なども数多く出版され続けています。千年前に書かれた作品が、現代人をも惹きつけてやまないのはなぜでしょうか。『源氏物語』に登場する人物がそれぞれに魅力的で、彼ら彼女らの喜怒哀楽の情は現代にも通じるものがあり、読む人の心に深く迫ってくることも、その理由として挙げられるでしょう。長い年月、読み継がれてきた古典には、いつの時代にも変わらない普遍的な人間の姿が描かれており、いつの世にも人々を感動させることができるのです。皆さんも、時を重ねても色褪せない、古典文学の魅力に触れてみてください。

学歴

1995年3月 山口県立山口女子大学(現:山口県立大学)文学部国文学科卒業
2000年3月 九州大学大学院文学研究科国語学国文学専攻修士課程修了
2007年3月 九州大学大学院人文科学府言語・文学専攻博士課程修了

研究業績

著書

  • 石清水物語の研究―第三系統伝本の校本と影印― 単著 2014年3月27日 新典社 全639頁
  • 中世王朝物語の新研究―物語の変容を考える― 共著 2007年10月 新典社 宮崎裕子 62-81頁

論文

  • 九州産業大学図書館蔵「源氏物語かるた(江戸中期写)」―解題と翻刻― 単著 2017年9月20日 九州産業大学国際文化学部紀要(第67号) 1-14頁[119-132頁]
  • 九州産業大学図書館蔵「源氏かるた」―解題と翻刻― 単著 2017年3月21日 九州産業大学国際文化学部紀要(第66号) 19-32頁[139-152頁]
  • 『石清水物語』第三系統伝本の成立に関する一考察―附・石水博物館蔵本の位置付け―(査読付き) 単著 2016年12月25日 語文研究(第122号) 1-17頁
  • 「先坊の姫宮」小考―『浅茅が露』と史実との関連をめぐって―(査読付き) 単著 2015年12月25日 語文研究(第120号) 46-59頁
  • 九州産業大学図書館蔵「源氏物語かるた」―解題と翻刻― 単著 2015年3月19日 九州産業大学国際文化学部紀要(第60号) 13-26頁[183-196頁]
  • 『風葉和歌集』を用いた散逸物語研究の問題点―詠み人名表記について―(査読付き) 単著 2014年11月20日 中古文学(第94号) 45-53頁
  • 九州大学附属図書館蔵『たまも』改題と翻刻(上) 共著 2014年3月31日 文献探究の会編『文献探究』(第52号) 天野ひろみ、辛島正雄、河内美香、坂本信道、宮﨑裕子、森誠子、梁丹 1-16頁
  • 『石清水物語』第三系統諸伝本に関する研究(二) 単著 2013年3月31日 文献探究の会編『文献探究』(第51号) 5-12頁
  • 【採録】「紅梅の御方」論―『源氏物語』における紫の上の遺志の継承をめぐって―(査読付き) 単著 2012年 学術文献刊行会編『国文学年次別論文集 中古2 平成22年度版』朋文出版 367-373頁
  • 『風葉和歌集』における人物呼称(査読付き) 単著 2012年6月2日 九州大学国語国文学会編『語文研究』(第113号) 27~39頁
  • 『石清水物語』第三系統諸伝本に関する研究(一) 単著 2012年3月31日 文献探究の会編『文献探究』(第50号) 34-60頁
  • 散逸物語『すまひ(相撲)』復原考 単著 2011年3月31日 文献探究の会編『文献探究』(第49号) 1-6頁
  • 散逸した〈しのびね型〉物語―『風葉和歌集』所収散逸物語における〈しのびね型〉物語の可能性―(査読付き) 単著 2010年12月26日 九州大学国語国文学会編『語文研究』(第110号) 20-40頁
  • 【採録】甦る葵の上―『在明の別』が描いたもう一つの「葵の上物語」― 単著 2009年7月 学術文献刊行会編『国文学年次別論文集 中古3 平成十九年度版』朋文出版 57-61頁
  • 「承香殿の女」の行方―『在明の別』における『とりかへばや』受容の一端― 単著 2009年3月31日 文献探究の会編『文献探究』(第47号) 72-78頁

口頭発表

  • 石水博物館蔵『正三位物語』について 単独 2012年6月3日 平成24年度 九州大学国語国文学会(於:九州大学附属中央図書館)(九州大学国語国文学会)

研究費・研究助成等

  • 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)「『石清水物語』諸伝本に関する本文研究及び校本作成」研究代表者 代表 2014年4月1日~2019年3月31日
  • 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)「『石清水物語』第三系統諸伝本に関する本文研究及び校本作成」研究代表者 代表 2011年~2013年