教員紹介

佐野 彰

教員詳細

佐野 彰
教授
佐野 彰 SANO AKIRA
所属 芸術学部 写真・映像メディア学科
学位 博士(人間科学)大阪大学
ホームページ http://okosama.org/

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    デザイン学

  • 研究テーマ

    「面白さ」をベースにしたメディア表現およびコミュニケーション

担当科目

デジタルコンテンツデザイン

学生のみなさんへのメッセージ

「面白い」「楽しい」というのは、表現にとってとても重要です。ただ楽しさを享受するだけではなく、「なぜ楽しいのか?」「どうしても面白いのか?」ということを考えてみてはどうでしょうか。 きっとその理由はあるはずです。 皆さんもご承知のことと思いますが、表現をする際に「相手に伝わるかどうか」は重要です。 しかし伝えることは簡単ではありません。技術もアイデアもどちらも必要です。 そんなときに「なぜ楽しいのか」「なぜ面白いのか」という問いに対して、自分なりに導いた「法則」がきっと役に立つことでしょう。 これからますます表現の分野は面白くなります。一緒に新しい表現の世界を切り開いていきましょう。

学歴

1998年3月 大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了
2009年3月 大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得満期退学
2012年3月 博士(人間科学) 大阪大学

研究業績

著書

  • MR入門 単著 2017年10月1日 工学社 1-143
  • よくわかるAR<拡張現実>入門 共著 2014年2月28日 創元社 亀山悦治
  • AR入門 身近になった拡張現実 (改定第2版) 単著 2013年5月16日 工学社
  • AR入門 身近になった拡張現実 単著 2010年 工学社
  • Adobe AfterEffects CS4入門 単著 2009年 工学社
  • はじめてのJahshaka 単著 2007年 工学社
  • Adobe AfterEffects6.5入門 単著 2005年 工学社

論文

  • 体験型展示装置「ことばあめ」の開発─巡回展に特化したインタラクティブアートを目指して─ 単著 2014年3月1日 九州産業大学芸術学会研究報告(1巻45号) 103-108
  • 企業と大学が連携したキャリア教育・専門教育を目的とする人材育成教育プログラムの開発 共著 2014年3月1日 九州産業大学芸術学会研究報告(1巻45号) 星野浩司、佐野彰、佐藤慈、栗田融、黒岩俊哉、満生慎二 109-112
  • A Web Application for Creating Real-Size Augmented Reality Content without 3D modeling Skills(Refereed Papers) 単著 2012年 The Journal of information and Systems in Education(10巻1号) 32-38
  • オンラインコミュニティのインタフェースおよび運営環境に関する研究(査読付き) 単著 2012年 大阪大学大学院人間科学研究科 博士論文
  • マルチプラットフォームに対応したWebブラウザ上で動作するARコンテンツ開発・利用システム(査読付き) 単著 2009年12月 日本教育工学会論文誌(33巻Suppl号) 165-168
  • 観察者の幅広い動きに対応したARシステム「SIBS」の開発(査読付き) 単著 2008年12月 日本教育工学会論文誌(32巻) 69-72
  • インターネット上における学習環境の構築と評価(査読付き) 単著 1998年 大阪大学大学院人間科学研究科 修士論文

作品関係

  • 日本語学習モバイル教材 共同 2016年4月27日~現在 http://sn1.e-kokoro.ne.jp/japanese/ 特別支援教育デザイン研究会

解説・総説関係

  • MR(複合現実) 「現実世界」と「作られた世界」の融合で、経験が共有可能になる? 単著 2017年1月1日 I/O(42巻1号) 53-56
  • 経験がフラット化するリアリティ技術〜VR/AR/MRの近未来予測〜 単著 2016年10月28日 I/O(41巻11号) 48-51
  • AR/VRの危険性 単著 2015年5月18日 I/O(40巻6号) 93-96
  • 「MR」(Mixed Reality) の世界 単著 2014年9月1日 I/O(39巻9号) 56-60
  • AR入門 単著 2013年2月15日 Partner
  • "ニコ動発"動画加工ソフト「NicoVisualEffects」 単著 2008年3月 I/O(33巻3号) 23-25

寄稿関係

  • 知のコラム 第29回 「AR入門」 単著 2013年2月15日 partner(3月号) 40-41

新聞・Web等掲載関係

  • net degi 「AR」について 共著 2012年8月4日 北海道新聞 北海道新聞
  • 大学改革の目玉、アールト大学の現状 単著 2010年7月14日 教育学術新聞(2408号)
  • 『聞きたい』 こどものネットワーク使用に ついて 単著 2004年7月16日 西日本新聞
  • DVカメラ 編集しよう 単著 2004年1月20日 西日本新聞

国際会議関係

  • Creating Real-Size Augmented Reality Content without 3D Modeling Skills 単独 2012年 Juhannus seminar 2012(Aalto University Media Factory)
  • An Application for Creating Full-Scale Augmented Reality Content without 3D Modeling Skills” 単独 2011年10月 Ubicomp2011 ACM international conference on Ubiquitous Computing(ACM)

講演関係

  • 今が一番新しい 〜アートの可能性〜 単独 2014年11月15日 第3回佐賀大学コンテンツデザインコンテスト(佐賀大学)
  • カラダと呼応するコンテンツ〜想像するよりも楽しい??〜 単独 2014年6月14日 教育システム情報学会関西支部の若手研究者フォーラム(社団法人教育システム情報学会)
  • ワクワクするARとプロジェクションマッピング 単独 2013年5月11日 FutureSync Vol.3

研究費・研究助成等

  • インタープリテーションを円滑にする、移動可能な映像展示ユニットの開発 代表 2014年4月1日~2016年3月31日
  • 全額共通英語教育における学生の英語学習への意欲を向上促進させる映像開発 分担 2013年4月1日~2014年3月31日

共同・受託研究実績

  • においセンサの可視化に関する研究 共同 2016年~現在 株式会社アロマビット
  • 玄海エネルギーパーク「あすぴあ」の展示に関する共同研究 代表 2015年~現在 九電産業株式会社
  • 移動型巡回展の展示装置開発 分担 2011年~現在 吉冨友恭、渡辺友美、佐野彰

受賞

  • 第4回グッドライフアワード 実行委員特別賞 共同 2016年11月28日 環境省 水の巡回展ネットワーク
  • 河川財団からの表彰 共同 2015年1月30日 公益財団法人 河川財団 水の巡回展ネットワーク
  • 文科省インターネット活用教育コンクール 佳作入賞 単独 2006年
  • 通産省マルチメディアグランプリ ネットワーク部門エデュテイメント賞 など多数 単独 1999年
  • カンヌ国際広告祭(サイバーカンヌ)ショートリスト入賞 共同 1999年

社会活動

  • 佐賀大学ICT活用教育共同利用拠点運営委員  2016年12月~現在
  • こども環境ビデオレポート 第1回ビデオコンテスト 審査委員  2015年3月 地球環境基金の助成金による映像コンテストの審査員
  • 第3回佐賀大学コンテンツデザインコンテスト審査委員  2014年11月15日~現在 佐賀大学で開催されたコンテンツデザインコンテストの審査委員を担当
  • 「ふくおかハウス」支援活動映像制作プロデュース  2013年~2014年 福岡市病院機構からの依頼を受け、ふくおかハウスの活動を支援する映像制作をプロデュース。映像は写真映像学科3年の鐘ケ江あいびさんが制作。映像は福岡市の繁華街の大型ビジョンなどで上映された。

芸術活動

  • 立体プロジェクションマッピング〜玄海リビング〜 共同 2016年11月~現在 玄海エネルギーパーク あすぴあ メディアラボ331
  • 空手道部プロジェクションステージ 共同 2016年3月22日 マリンメッセ福岡 九州産業大学 空手道部
  • 恋するフォーチューンクッキー上官小学校バージョン 共同 2015年11月7日~現在 上官小学校秋祭り2015 佐野彰、メディアラボ331、上官小学校父母教師会
  • プロジェクションステージ「上官小学校の歴史」 共同 2015年11月7日~現在 上官小学校秋祭り2015 佐野彰、メディアラボ331、上官小学校父母教師会
  • プロジェクションアート「未来への融合」 単独 2015年10月25日~現在 そぴあしんぐう 佐野彰、メディアラボ331、ドリーム・ウィンド・オーケストラ「宴創」
  • プロジェクションアート「新宮の歴史」 単独 2015年10月25日~現在 そぴあしんぐう 佐野彰、メディアラボ331
  • ひかりあめ 単独 2015年9月26日~2015年11月9日 川の駅はちけんや 佐野彰、メディアラボ331、水の巡回展ネットワーク
  • 「シロクマくつや」プロジェクションマッピング 共同 2015年7月14日~2015年8月20日 福岡アジア美術館 佐野彰、メディアラボ331、おおでゆかこ
  • 五味太郎『まどからおくりもの』の立体造形アート制作 単独 2015年7月14日~2015年8月20日 福岡アジア美術館 佐野彰、メディアラボ331、五味太郎
  • 別府の歴史ミニプロジェクションマッピング 単独 2014年11月9日 別府小学校 佐野彰、メディアラボ331
  • 別府の歴史 プロジェクションステージ制作 単独 2014年11月9日 別府小学校 佐野彰、メディアラボ331
  • ことばゆき 単独 2014年10月18日 国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所 NPO法人気象キャスターネットワーク
  • 古賀ブライトフェスタ イベント映像制作 共同 2014年9月14日 古賀市ブライトフェスタ会場 メディアラボ331、佐野彰
  • ゲリラ豪雨って大変 単独 2014年8月27日~現在 川の駅はちけんや、北上川学習交流館あいぽーと 等 全国巡回中 佐野彰、メディアラボ331、水の巡回展ネットワーク
  • ぽとぽとかいだん 単独 2014年5月17日~現在 三条防災ステーション
  • まねちゃん 単独 2013年7月27日~2013年10月6日 宮城県陸前高田小学校、東松島市小野市民センター
  • ことばあめ 共同 2013年5月~現在 荒川知水資料館、渡良瀬川流域法最情報等発信施設「せせら」、芦田川見る視る館、信濃川大河津資料館、大橋川コミュニティセンター 等各所 水の巡回展ネットワーク
  • アートのある蔵シリーズ『酒 アナモルフィックアート』 単独 2012年7月~現在 こだわり商品の蔵「縁」 若波酒造合名会社
  • アートのある蔵シリーズ『若波ロゴ アナモルフィックアート』 単独 2012年4月9日~現在 こだわり商品の蔵「縁」 若波酒造合名会社

学会等および社会における主な活動

  • 日本教育工学会 1996年~2013年
  • 株式会社葵プロモーション 技術顧問 2002年4月1日~2003年3月31日
  • ACM 2002年~2012年
  • 特定非営利法人子ども文化コミュニティ アドバイザー アドバイザー 2004年~現在
  • IEEE 2005年~2011年
  • AACE 2005年~2012年
  • 教育情報システム学会 2005年~2016年
  • フィンランド アールト大学 メディアラボ訪問研究員 2009年9月~2010年8月
  • カンファレンスOPEN 2009 (at University of Art and Design Helsinki) 査読委員 査読委員 2010年
  • 日本印刷学会 西部支部幹事 2012年4月1日~現在
  • 水の巡回展ネットワーク 2013年~現在
  • 独立行政法人土木研究所 自然共生研究センター 招聘研究員 2014年6月28日~現在
  • 特定非営利活動法人映像コンテンツ産業研究会 2014年~現在
  • 佐賀大学ICT活用教育共同利用拠点運営委員 2015年8月~現在
  • International Communication Association, Young Scholars Preconference “Communicating the Power of Visuals”運営委員 2016年7月5日

展覧会・演奏会・競技会等の名称

  • Composition1960 #5 by La Monte Young OverWholyRoly, GeeWee / Cage, Post Cage and Beyond WeeGee entrance foyer, Ahertajantie 5 Tapiola,(Espoo, Finland) 現代音楽をテーマにしたインタラクティブ作品。グラフィックデザイン・プロミング・音響設計・テクニカルディレクションを担当) 2007年
  • Mapping Modernism フィンランド国立デザイン博物館 バウハウス期に活躍したアーティストの関連性を、インタラクティブに表示する機器の設計。テクニカルディレクション・プログラミング・装置設計を担当 2010年2月~2010年5月