教員紹介

坂本 浩

教員詳細

坂本 浩
准教授
坂本 浩 SAKAMOTO HIROSHI
所属 芸術学部 ビジュアルデザイン学科
学位 博士(デザイン学)
ホームページ

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

  • 研究テーマ

    視覚伝達メディアと造形表現

担当科目

ベーシックデザインA、デザイン演習、ビジュアルデザイン論B、グラフィックデザイン史、グラフィックデザイン演習l、メディア表現演習、卒業研究

学生のみなさんへのメッセージ

大学でデザインを専攻しなくても、デザイナーとして社会で活躍することは可能です(現にデザインの仕事に就く人たちは、芸術系の教育機関の出身とは限りません)。VDの分野では、ツールやテキストが簡単に入手できる現在、趣味のレベルはもとより、さらに深い段階まで、独学でも努力しだいで相応の制作物がつくれる状況になっています。そうした中で、求めて大学でデザイン・芸術を専攻していることについて、しっかり意識してほしいと思います。大学生になること自体が容易になってきた今日、単に在籍するだけでは、趣味の延長と明確に異なるレベルへの到達が難しくなっています。他者から評価される魅力的な造形を企画・制作するたのしさは、決して楽には得られません。卒業までの4年間、就職活動で実力が問われ始める2年半~3年弱の時間を使って、自発的に考え、行動し、関心のある対象に向かって(必要な苦労は覚悟した上で)深めていってください。

学歴

1994年3月 筑波大学 芸術専門学群 卒業(芸術学士)
1996年3月 筑波大学大学院 修士課程 芸術研究科 修了(デザイン学 修士)
2001年3月 筑波大学大学院 博士課程 芸術学研究科 修了(デザイン学 博士)

研究業績

著書

論文

  • ジャン・ヴィドメル:フランスのグラフィックデザインにおけるモダニズムの実践者 単著 2016年3月1日 九州産業大学芸術学会研究報告(47巻) 101-113

その他

  • 「transition」ANA signet lounge 単独 2006年 東京 / 羽田空港第2ターミナル
  • 「映像史」(共著)『映像体験ミュージアム(増補版)』工作舎 単独 2006年

学会等および社会における主な活動

  • 日本映像学会 2008年11月~現在