教員紹介

鶴田 和寛

教員詳細

鶴田 和寛
教授(部長(学部長含む))
鶴田 和寛 TSURUTA KAZUHIRO
所属 理工学部 機械工学科
学位 博士(工学)
ホームページ http://www.kyusan-u.ac.jp/J/kougaku/tb/tsuruta/

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    知能ロボティクス、 リハビリテーション科学・福祉工学、 機械力学・制御

  • 研究テーマ

    脳錯覚を利用したリハビリ制御装置の研究、人工知能を利用したメカトロ制御装置の研究

担当科目

制御工学Ⅰ・Ⅱ、シミュレーション工学、技術者倫理、バイオロボティクス実験Ⅰ・Ⅱ、卒業研究、制御工学特論Ⅰ・Ⅱ、バイオロボティクス特別研究、バイオロボティクス特別演習Ⅰ・Ⅱ

学生のみなさんへのメッセージ

電気自動車・半導体製造装置・ロボット等で利用されるモータの制御技術を主に研究しています。最近は脳錯覚を利用したリハビリ制御装置、AIを利用した画像同期制御方法など、人工知能を制御技術に取り入れたコンとローラの開発に注力しています。学生教育に関しては、電機メーカ勤務16年の経験を活かし、産業応用されている制御技術、パソコン(RT_Linux)を利用した制御実験方法、Matlab/Simulinkを利用したシミュレーション技術、モータを駆動するサーボアンプの使用方法、オシロスコープの使用方法など、”具体的に役立つ技術”を教えています。知恵は知識と経験から生まれるものですから、研究室で多くのことを経験(実験)することで、講義で学んだ知識から無限の知恵が生まれることでしょう。 朝令暮改、大いに結構です。一緒にチャレンジしましょう!

学歴

1988年3月 防衛大学校理工学部電気工学科卒業
2001年9月 九州大学大学院知能機械工学専攻博士後期課程修了
2001年10月 博士(工学)(九州大学)
2009年4月 ヴュルツブルク大学(ドイツ)インフォマティクス&ロボティクス学科研究員

研究業績

著書

  • High-Speed and High-Precision Position Control Using a Nonlinear Compensator 共著 2011年8月 INTECH Open Access Publisher、Advances in PID Control, pp.143-166 Kazuhiro Tsuruta, Kazuya Sato, Takashi Fujimoto 143頁~166頁
  • A Robust Adaptive H∞ Control Method for Robot Manipulators with Input Nonlinearities 共著 2010年9月 Tsinghua University Press、Theory and Applications of Complex Systems and Robust Control, pp.247-263 Kazuya Sato, Takanori Nakasima, Kazuhiro Tsuruta 共同執筆のため抽出不可能

論文

  • 大型ガントリ型リニアモータスライダの制御モデルに関する研究(査読付き) 共著 2017年10月1日 電気学会論文誌D(137巻10号) 小代哲也,本田英己,鶴田和寛,花本剛士 pp.746–752
  • Robust Adaptive Trajectory Control of Nonholonomic Mobile Robot with Compensation of Input Uncertainty(Refereed Papers) 共著 2012年6月 Journal of System Design and Dynamics(Vol.6巻No.3号) Kazuya Sato, Masahiro Yanagi, Kazuhiro Tsuruta pp.273-286
  • High-Speed and High-Precision Position Control Using a Sliding Mode Compensator(Refereed Papers) 共著 2011年2月 John Wiley-Scripta Journal, EEJ, Vol.174, No.2, 2011, pp.65-71 Kazuhiro Tsuruta, Kazuya Sato, Nobuhiro Ushimi and Takashi Fujimoto 65頁~71頁
  • スライディングモードの補償機能を備えた高速・高精度位置制御(査読付き) 共著 2008年9月 電気学会論文誌D  Vol.128 No.9,2008, pp.1114-1120 鶴田和寛、佐藤和也、牛見宣博、藤本孝 1114頁~1120頁
  • 位置決め装置における入力部非線形特性補償を考慮に入れたロバスト適応制御系の設計と実験による検証(査読付き) 共著 2008年8月 計測自動制御学会論文集, Vol. 44, No.83, pp.646-653 佐藤和也、鶴田和寛、菊池賢洋 共同執筆のため抽出不可能
  • 入力部に非線形特性を含むシステムに対する適応制御系の設計と実験による検証(査読付き) 共著 2007年3月1日 計測自動制御学会論文集(43巻3号) 佐藤和也, 鶴田和寛,石部朝之 pp.221-226
  • リンク摩擦補償を含むロボットマニュピレータの適応H∞制御(査読付き) 共著 2006年1月1日 システム制御情報学会(19巻1号) 佐藤和也, 鶴田和寛,石部朝之 pp.37-39
  • 繰返し動作を考慮に入れたリニアスライダの適応型摩擦補償制御(査読付き) 共著 2005年11月1日 電気学会論文誌D(125巻11号) 佐藤和也, 鶴田和寛,正司啓人 pp.1022-1029
  • 速度予測方式を用いた高速・高精度位置決め応答(査読付き) 共著 2005年10月1日 精密工学会誌(71巻10号) 鶴田和寛,藤本孝,張文農 pp.1281-1285
  • 摩擦補償を含むリニアスライダの適応型位置決め制御(査読付き) 共著 2004年2月1日 計測自動制御学会論文集(40巻2号) 佐藤和也, 三島義雄, 鶴田和寛,村田健一 pp.275-277
  • 転がり案内における速度反転時の非線形摩擦挙動(査読付き) 共著 2003年12月1日 精密工学会誌(69巻12号) 鶴田和寛,村上輝夫,二見茂 pp.1759-1763
  • High-speed positioning of industrial robot based on preview- learning control(Refereed Papers) 共著 2001年3月1日 Advanced Robotics(15巻3号) 梅田信弘,鶴田和寛,猪木敬生 pp.307-312
  • 粘性摩擦,クーロン摩擦および一定外乱トルクの影響を除去したイナーシャ同定方式(査読付き) 共著 2000年10月1日 精密工学会誌(66巻10号) 鶴田和寛,二見茂,中村裕司,村上輝夫 pp.1564-1567

解説・総説関係

  • 宇宙へのステップ ~九州工業大学 超小型衛星試験センター~ 単著 2016年11月 電気学会誌(136巻11号) 鶴田和寛 4
  • 電動バイク・超小型モビリティ市場への挑戦 共著 2015年11月 電気学会誌(135巻11号) 鶴田和寛、野中康太郎、吉武拓太 4
  • 無人搬送装置への非接触給電技術の導入 共著 2015年1月 電気学会誌(135巻1号) 鶴田和寛、木下慧視 4
  • 超音波モータを利用したアクチュエータの可能性について 単著 2008年1月 電気学会誌(128巻1号)
  • 北九州エコタウンにおけるリサイクル技術 単著 2006年3月 電気学会誌(126巻3号) 132-135

国際会議関係

  • Concept, results and future topics for the Human Robotics Research Center at Kyushu Sangyo University(査読付) 共同 2017年10月20日 17th International Conference on Control, Automation and Systems Taisuke Sakaki, Kazuhiko Tsuruta, Yong-Kwun Lee, Nobuhiro Ushimi, Koji Murakami, Yoshimi Matsunoo, Yutaka Ichinose, Tshihiko Shimokawa, Yuko Kamiya, Osamu Kikima, Kanta Aoki, Shinya Morishita, Takehiro Tashiro, Hidetsugu Nishizono
  • Consideration on Control Method of the Large-sized Gantry-Type Linear Motor Slider(査読付) 共同 2017年8月7日 IEEE-ICMA2017 小代哲也,本田英己,鶴田和寛,花本剛士
  • Rehabilitation Controller using Brain Illusion(査読付) 共同 2017年8月1日 IEEE-Cyber2017 鶴田和寛、小代哲也、牛見宣博、村上剛司、榊泰輔
  • Study on Control Method of the Large-sized Gantry Type Liner Motor Slider with Distortion(査読付) 共同 2016年11月15日 The 19th International Conference on Electrical Machines and Systems T.Ojiro, H.Honda, K.Tsuruta and T.Hanamoto
  • Development of Servo Controller using ARM32(査読付) 共同 2016年11月13日 IEEE-ICARCV2016 Kazuhiro Tsuruta, Sunao Sawada
  • Rehabilitation Robot in Primary Walking Pattern Training for SCI Patient at Home(査読付) 共同 2016年10月 Int. Conf. on NeuroRehabilitation T. Sakaki, T. Shimokawa, N. Ushimi, K. Murakami, Y.-K. Lee, K. Tsuruta, K. Aoki, K. Fujiie, R. Katamoto and A. Sugyo
  • Research Project of Human-Robotics Research Center in Kyushu Sangyo University(査読付) 共同 2016年9月 The 3rd Asia Future Conference L.-K. Lee, T. Sakaki, N. Ushimi, K. Murakami, K. Tsuruta
  • Synchronization Control for Twin-axes Table Drive System(査読付) 共同 2015年11月9日 IEEE-IECON2015 Kazuhiro Tsuruta, Tetsuya Ojiro, Hideki Honda
  • Rehabilitation Robot in Primary Walking Pattern Training for SCI Patient at Home(査読付) 共同 2015年5月 17th International Conference on NeuroRehabilitation Taisuke Sakaki, Toshihiko Shimokawa, Nobuhiro Ushimi, Koji Murakami, Yong-Kwun Lee, Kazuhiro Tsuruta, Kanta Aoki, Kaoru Fujiie, Ryuji Katamoto, Atsushi Sugyo
  • Vibration Suppression Control for Twin-drive Table System(査読付) 共同 2014年8月5日 Proceedings of MOVIC2014 小代哲也、鶴田和寛、本田英己
  • Rehabilitation robot in primary walking pattern training for SCI patient(査読付) 共同 2014年6月10日 Proceedings of ICNR2014 Taisuke Sakaki, Nobuhiro Ushimi, Koji Murakami, Yong-Kwun Lee, Kazuhiro Tsuruta, Kanta Aoki, Kaoru Fujiie, Ryuji Katamoto, Atsushi Sugyo, Yoshimitsu Kihara and Kenji Tateishi
  • Vibration Suppression Compensator using Nonlinear Observer for Table Positioning Systems(査読付) 共同 2013年11月3日 10th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI2013) Kazuhiro Tsuruta, Tetsuya Ojiro, Nobuhiro Ushimi, Taisuke Sakaki
  • Safe Control of Omnidirectional Mobile Robots in Consideration of Trouble Detection(査読付) 共同 2013年8月28日 Proceedings of the 15th IASTED International Conference on Control and Applications(CA2013) Nobuhiro Ushimi, Kazuhiro Tsuruta
  • Vibration Suppression Control for Multiaxis Table Drive System(査読付) 共同 2013年8月7日 Procs. of IEEE-ICMA Kazuhiro Tsuruta, Tetsuya Ojiro, Nobuhiro Ushimi, Hiroshi Shibata
  • Sliding Mode Compensator for Improving Robustness of Phase Locked Loop for Encoderless Servo Drive(査読付) 共同 2012年10月 Procs. of IEEE-IECON2012 N. A. Baloch, K. Inomata, S. Morimoto, K. Ide, Kazuhiro Tsuruta
  • Adaptive H∞ Trajectory Control of Nonholonomic Mobile Robot with Compensation of Input Uncertainty(査読付) 共同 2011年9月10日 Procs. of 2011 IEEE International Conference on Control Applications, Part of 2011 IEEE Multi--Conference on System and Control, pp.699-705 Kazuya Sato, Masahiro Yanagi, Kazuhiro Tsuruta
  • Adaptive positioning control using adaptive velocity estimator(査読付) 共同 2011年8月 Procs. of SICE Annual Conference 2011, pp.2590-2595 Kazuya Sato, Shinichiro Obata, Jun Nomura and Kazuhiro Tsuruta
  • Adaptive Friction Compensation for Linear Slider with adaptive differentiator(査読付) 共同 2010年9月 Preprints of the 5th IFAC Symposium on Mechatronic Systems, pp.467-472 Kazuya Sato and, Kazuhiro Tsuruta
  • Adaptive compensation method of friction forces using differential estimator(査読付) 共同 2010年8月 Procs. of SICE Annual Conference 2010, pp.1076-1081 Kazuya Sato, Shin-ichiro Obata, Jun Nomura and Kazuhiro Tsuruta
  • Nonlinear Compensation Method with Bang-bang Compensator for a High Precision Stage using Synchronous Piezoelectric Device Driver(査読付) 共同 2010年3月 The 11th IEEE International Workshop on Advanced Motion Control, pp.01-06 鶴田和寛、佐藤和也、澤田直,小坂光二
  • A robust adaptive H∞ control for robotic manipulators with input torque uncertainties(査読付) Nonlinear Friction 共同 2009年12月 International Journal of Advanced Mechtronic Systems,Vol.1,No.2,2009,pp.116-124 佐藤和也、鶴田和寛、中嶋孝憲
  • A Comparison of Nonlinear Friction Compensations for a High Precision Stage using Synchronous Piezoelectric Device Driver(査読付) 共同 2009年11月 Asian Symposium for Precision Engineering and Nanotechnology 2009 Kazuhiro Tsuruta, Kazuya Sato , Sunao Sawada, Kouji Kosaka, Klaus Schilling
  • Compensation for a High Precision Stage using Synchronous Piezoelectric Device Driver(査読付) 共同 2009年2月 Procs. of IEEE-ICIT09, pp.152-157 鶴田和寛、佐藤和也、牛見宣博、小坂光二
  • An adaptive H∞ control for robotic manipulators with input torque uncertainties and its experimental evaluations(査読付) 共同 2008年9月 Procs of the 17th IEEE International Conference on Control Applications Part of 2008 IEEE Multi--Conference on Systems and Control, pp.1226-1231 佐藤和也、向井寛、鶴田和寛
  • Multi-segment sliding mode control of motion and positioning for a carriage system with Coulomb friction(査読付) 共同 2008年9月 Proceedings of the 9th International Conference on Motion and Vibration Control 2008 藤本孝、中原健志、鶴田和寛
  • A robust adaptive control for parallel linear sliders using decoupling model(査読付) 共同 2008年8月 Proceedings of SICE Annual Conference 2008, pp.848-853 佐藤和也、向井寛、鶴田和寛
  • An adaptive H∞ control for robotic manipulator with compensation of input torque uncertainty(査読付) 共同 2008年7月 Preprints of the 17th IFAC World Congress, 2008, pp.8919-8924 佐藤和也、向井寛、鶴田和寛
  • Approach to Stability Control of Mobile Robots Using Suspension Sensors on Non-Ideal Floors(査読付) 共同 2008年2月 Proceedings of the 27th IASTED International Conference on Modeling, Identification, and Control, pp.250-255 牛見宣博、鶴田和寛
  • High Precision Positioning Control for Table Drive System using PID Controller with Nonlinear Friction Compensator(査読付) 共同 2007年11月 The 4th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century Fukuoka, pp.173-176 鶴田和寛、佐藤和也、藤本孝、牛見宣博
  • A design of adaptive H∞ control for positioning mechanism system with input nonlinearities(査読付) 共同 2007年10月 16th IEEE International Conference on Control Applications Part of IEEE Multi-conference on Systems and Control, pp.152-157 佐藤和也、石部朝之、鶴田和寛
  • A robust adaptive control for robotic manipulator with input torque uncertainty(査読付) 共同 2007年9月 Proceedings of SICE Annual Conference 2007, pp.17-20 佐藤和也、石部朝之、鶴田和寛
  • A Study of Safety Control for Omni-directional Mobile Robots(査読付) 共同 2007年8月 The 13th IASTED Int. Conf. on Robotics  and Applications 2007, pp.27-32 牛見宣博、鶴田和寛、山本元司
  • A design of adaptive control for systems with input nonlinearity and its experimental evaluation(査読付) 共同 2006年10月 The SICE-ICASE International Joint Conference 2006 佐藤和也, 石部朝之,鶴田和寛
  • Identification of the Mechanical Parameters for Servo Drive(査読付) 共同 2006年10月 The IEEE/IAS 41st Annual meeting 2006 Tae-suk Kwon, Seung-Ki Sul,Hiroshi Nakamura,Kazuhiro Tsuruta
  • Adaptive H∞ control method with frictions compensation and disturbance rejection for robotic manipulators(査読付) 共同 2006年8月 the IEEE International Conference on Control Applications 2006 佐藤和也, 西島大輔,鶴田和寛
  • Motion Control of a Ball-Screw Slide System Via Multi-segment Sliding Mode Control Method(査読付) 共同 2006年8月 The 8th International Conference on Motion and Vibration Control 2006 藤本孝, 鶴田和寛,内田嘉之
  • Adaptive H∞ control of Systems with unknown dead-zone(査読付) 共同 2005年9月 The 2005 IEEE Conference on Control Applications 佐藤和也, 鶴田和寛,正司啓人
  • Adaptive Friction Compensation for Linear Slider Using Projection Adaptive Laws(査読付) 共同 2005年8月 SICE Annual Conference 2005 佐藤和也, 鶴田和寛
  • Unknown Dead-zone Compensation for Non- linear systems using Adaptive H∞ control method(査読付) 共同 2005年8月 The 2nd International Symposium on Advanced Control of Industrial Processes 佐藤和也, 鶴田和寛
  • Adaptive H∞ control for Linear Slider with Friction Compensation using gradient algorithms with projection(査読付) 共同 2005年7月 The 2005 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics 佐藤和也, 鶴田和寛,正司啓人
  • Adaptive H∞ Control for Linear Slider with Friction Compensation using σ-modification strategy(査読付) 共同 2004年9月 The 2004 IEEE International Conference on Control Applications 佐藤和也, 三島義雄, 鶴田和寛, 村田健一
  • A Design Method of Adaptive H∞ Control for Servo System with Friction Compensation using dead-zone modification strategy(査読付) 共同 2004年8月 IFAC Workshop on Adaptation and Learning in Control and Signal Processing, and IFAC Workshop on Periodic Control Systems 佐藤和也, 三島義雄, 鶴田和寛,村田健一
  • Nonlinear Friction Behavior of Discontinuity at Stroke End in a Ball Guide Way(査読付) 共同 2003年9月 ASPE 2003 Annual Meeting 鶴田和寛,村上輝夫,二見茂
  • Nonlinear Frictional Behavior at Low Speed in a Ball Guide Way(査読付) 共同 2001年9月 The International Tribology Conference Nagasaki 2000 鶴田和寛,村上輝夫,二見茂
  • Genetic Algorithm(GA) Based Modeling of Non-linear Behavior of Friction of a Ball Guide Way(査読付) 共同 2000年3月 IEEE-Advanced Motion Control 2000 鶴田和寛,村上輝夫,二見茂,住本正

口頭発表

  • 脳の再生を目指したリハビリ制御装置の開発 共同 2017年10月21日 産総研ニューロリハビリテーションシンポジウム2017(産業技術総合研究所) 鶴田和寛、牛見宣博、村上剛司、榊泰輔
  • 脳錯覚を利用したリハビリ制御装置の研究 共同 2016年6月15日 産総研ニューロリハビリテーションシンポジウム(産業技術総合研究所) 鶴田和寛、牛見宣博、村上剛司、李湧権、榊泰輔
  • ARMマイコンを利用したモータ制御装置の開発 共同 2015年9月4日 産業応用工学会全国大会2015(産業応用工学会) 鶴田和寛、澤田直  

公開講座関係

  • マイコンによるモータ制御実習と制御理論 単独 2014年2月26日 福岡システムLSIカレッジ

研究費・研究助成等

  • 脳錯覚を利用したリハビリ制御装置の研究 代表 2016年4月1日~2019年3月31日 高齢社会の到来によりリハビリテーションの必要性がクローズアップされている。現在のリハビリ装置は、脳疾患によって麻痺した体機能に対して、医師や理学療法士の代わりに何らかのリハビリ支援動作をするだけで、失われた脳機能を積極的に回復させるような機能は備えていない。本研究は、麻痺した体機能を「疑似的(受動的)に動かし、麻痺した体機能が動いた感覚を脳に伝える」ことで、麻痺のある体機能が自ら(能動的)運動しているかのような錯覚を与える機能を備えたハプティクス・バイラテラル制御装置を開発することを目的とする。錯覚による脳刺激で脳疾患者のリハビリ効果の向上、さらに脳疾患がある患者だけでなく、健常高齢者に利用すれば健康維持(認知症の防止)も期待できる。
  • 車輪型移動ロボットの走行制御に関する研究 代表 2007年4月~2010年3月

共同・受託研究実績

  • 非線形外乱のオンライン同定手法の評価および改良 代表 2005年~2006年 (株)安川電機

特許関係

  • モータ位置制御装置 単独 2012年2月 4925056
  • モータ制御装置 共同 2010年9月 4565426 中村裕司
  • モータ制御装置 共同 2010年7月 4507071 中村裕司、梅田信弘
  • ドライブ装置のパラメータ表示法 共同 2010年4月 4492033 菅政直
  • モータ制御装置 共同 2009年9月 4367058 冨田浩治
  • 制御定数調整装置 共同 2009年9月 4366566
  • モータ速度制御装置 共同 2007年12月 4053529 榊泰輔、藤本孝
  • 位置決め制御装置 単独 2007年8月 3982308
  • モータ制御装置 共同 2007年3月 3906668 泉哲郎
  • 電動機制御装置 共同 2006年8月 3818371
  • 位置制御装置 単独 2005年6月 3663446
  • 制御定数同定装置 単独 2004年12月 3637597
  • モータ制御装置 単独 2004年7月 3550657
  • モータ制御装置 単独 2004年7月 3561911
  • サーボ制御装置およびその方法 共同 2004年5月 3552988 赤松慶三
  • ならい制御方法 共同 2003年9月 3457019 中村裕司
  • 制御定数調整装置 共同 2003年2月 3391380 高松祥司、大久保整
  • モータ制御装置 単独 2003年2月 3391378
  • 位置制御装置 単独 2002年7月 3337058
  • モータ速度制御装置 共同 2002年5月 3296527 中村裕司
  • モータ制御装置 単独 2001年5月 3185857
  • 予見制御装置 共同 2001年4月 3175877 中村裕司
  • 予見制御装置 共同 2001年2月 3158439 中村裕司
  • 増分値演算による学習制御装置 共同 2001年1月 3152251 中村裕司
  • 増分値による予見制御装置 共同 2001年1月 3152250 中村裕司

受賞

  • 優秀論文賞(Rehabilitation Controller using Brain Illusion) 共同 2017年8月3日 IEEE-Cyber2017 鶴田和寛,小代哲也,牛見宣博,村上剛司,榊泰輔
  • 日本発明協会:福岡支部長賞「電動機制御装置」 共同 2008年11月
  • 日本発明協会:発明奨励賞(九州地方)「オンラインイナーシャ同定装置」 単独 2007年10月
  • 日本発明協会:発明奨励賞(九州地方)「モータ速度制御装置」 単独 2004年10月
  • 第51回電気科学技術奨励賞(オーム技術賞)「オートチューニング技術の開発」 共同 2003年11月 中村裕司
  • 日本電機工業会発達賞「高性能サーボアンプの開発」 単独 1998年4月

学会等および社会における主な活動

  • (社)電気学会編修専門第2部会委員 2005年4月~2008年9月
  • (一社)電気学会編修専門第2部会委員 2014年4月1日~現在
  • IEEE 2017年4月10日~現在
  • 計測自動制御学会
  • 精密工学会
  • 機械学会

展覧会・演奏会・競技会等の名称

  • 福岡モーターショー「学生製作車両展」フォーミュラEVを出展 福岡国際会議場 福岡モーターショー2016学生製作車両展において電動化したフォーミュラEVを展示し、敢闘賞を受賞した。 2015年12月18日~2015年12月21日
  • ロボット産業マッチングフェア北九州2016「ARMマイコンを利用したモータ制御装置の開発」を出展 西日本総合展示場 ARMマイコンを利用したモータ制御装置のデモ展示 2016年6月15日~2016年6月17日
  • ロボット産業マッチングフェア北九州2017「脳錯覚リハビリ制御装置」を出展 脳錯覚を利用したリハビリ制御装置を展示 2017年6月21日~2017年6月23日
  • 第2回ロボデックス(東京ビッグサイト)「人工知能を利用した脳リハビリ制御装置の研究」を出展・講演 2018年1月17日~2018年1月19日
  • ロボット産業マッチングフェア北九州2018「人工知能を利用した脳リハビリ制御装置」「人工知能を利用した学修支援」を出展 2018年6月13日~2018年6月15日
  • イノベーションジャパン2018(東京ビッグサイト)「人工知能を利用した脳リハビリ制御装置」「人工知能を利用した学修支援」を出展 2018年8月30日~2018年8月31日
  • 国際福祉機器展2018(東京ビッグサイト)「脳のリハビリを目指したAIロボット制御装置」 を出展 2018年10月10日~2018年10月12日