教員紹介

榊 泰輔

教員詳細

榊 泰輔
教授(大学長)
榊 泰輔 SAKAKI TAISUKE
所属 理工学部 機械工学科
学位 博士(工学)
ホームページ http://blog.goo.ne.jp/taachan_1960

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    リハビリテーション科学・福祉工学、 知能機械学・機械システム、 制御・システム工学

  • 研究テーマ

    医療福祉ロボット

担当科目

ロボティクス、メカトロニクス、ロボット工作実習、情報端末管理演習、ロボティクス演習、インターンシップ、バイオロボティクス実験ⅠⅡ、研究計画管理演習、卒業研究、バイオロボティクス技術研修、ロボティクス特論ⅠⅡ、ロボット設計基礎、ロボット設計、基礎ゼミナール

学生のみなさんへのメッセージ

■社会で役立つ技術・考え方を身につけたいなら当研究室の門をたたいてください。■少子高齢化社会において、社会から大きな期待を寄せられている、医療福祉ロボットを開発しています。ロボット技術を駆使し、全身性麻痺患者用の電動ストレッチャー、せき損患者用の回復レベルに応じた各種の歩行支援ロボット、福祉機器の安全性の基礎研究に取り組んでいます。また、生産・物流現場向けのからくり装置など企業委託開発も手掛けています。研究を通じて実践力を養います。■総合大学の強みを生かして、各種の実践的教育を試みています。デザイン学科や経営学科の学生とチームを組んで新しいロボットの機能・デザイン・製品化を検討するロボットデザイン研究会、デザイン学科学生と協力しセンサ・マイコンによるLED駆動の実習を通じて新しい照明を試作するなど、、、手と頭を動かして技術を身につけます。

学歴

1985年3月 九州大学理学部数学科卒業(学士)
1985年4月 (株)安川電機製作所(現安川電機)入社 研究所研究員
1991年9月 同 つくば研究所 研究員
1999年4月 同 基礎研究所 係長
2003年4月 同 開発研究所 課長
2003年9月 九州産業大学 工学部 機械工学科 教授
2004年4月 同 バイオロボティクス学科 教授

研究業績

著書

  • 臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション 共著 2016年9月30日 先端医療技術研究所 平澤泰介、椿原彰夫、才藤栄一、水間正澄、榊泰輔ほか 88-91
  • パワーアシスト・ロボットに関する材料、電子機器、制御と実用化、その最新技術 共著 2015年4月10日 技術情報協会 榊泰輔ほか 482-493

論文

  • TEM: a therapeutic exercise machine for the lower extremities of spastic patients (Refereed Papers) 共著 2000年7月 Advanced Robotics(14巻7号) 岡田誠一郎、榊泰輔、平田亮吉、岡島康友、内田成男、富田豊 597-606
  • 連続的他動運動による筋緊張抑制効果について-脳卒中片麻痺における検討― (査読付き) 共著 1999年12月 PTジャーナル(33巻12号) 瀧昌也、内田成男、横山明正、岡島康友、榊泰輔、堀内敏夫、富田豊 921-925
  • 下肢可動域訓練ロボットの開発―柔らかさと剛さを兼ね備えたストレッチ装置― (査読付き) 共著 1999年4月 医用電子と生体工学(37巻3号) 岡島康友、内田成男、榊泰輔、富田豊、千野直一 59-66
  • 関節可動域訓練の他動的関節トルクに対する影響 (査読付き) 共著 1998年7月 リハビリテーション医学(35巻7号) 田中尚文、岡島康友、瀧昌也、内田成男、富田豊、堀内俊夫、榊泰輔、木村彰男 491-495
  • 関節可動域訓練装置:柔らかさを与える機構の検討 (査読付き) 共著 1998年4月 総合リハビリテーション(26巻4号) 岡島康友、田中尚文、長谷川雅人、内田成男、木村彰男、富田豊、堀内俊夫、近藤正志、榊泰輔 363-369
  • 生体情報の収集と処理を応用したCPM装置の開発 (査読付き) 共著 1997年3月 人とシステム(3巻1号) 近藤正志、永田広治、榊泰輔、堀内敏夫 33-34
  • サーボ系をベースとしたインピーダンス制御における接触安定性の改善方法 (査読付き) 共著 1996年7月 日本ロボット学会誌(13巻5号) 榊泰輔、舘すすむ 659-665
  • 相似バイラテラル制御による操作感覚の増幅 (査読付き) 共著 1995年4月 日本ロボット学会誌(13巻3号) 榊泰輔、舘すすむ 441-448
  • インピーダンス制御の接触安定性についての一考察 (査読付き) 共著 1994年4月 日本ロボット学会誌(12巻3号) 榊泰輔、舘すすむ 489-496
  • Impedance Controlled Master-slave Manipulation System. Part II. Modification of Force Sensation and Extension of Operation Capability (Refereed Papers) 共著 1993年2月 Advanced Robotics(7巻1号) 榊泰輔、舘すすむ 3-24
  • Impedance Controlled Master-slave Manipulation System. Part I. Basic Concept and Application to the System with a Time Delay (Refereed Papers) 共著 1992年12月 Advanced Robotics(6巻4号) 舘すすむ、榊泰輔 483-503
  • インピーダンス制御型マスタ・スレーブ・システム (III) (査読付き) 共著 1992年6月 日本ロボット学会誌(10巻3号) 榊泰輔、舘すすむ 114-117
  • Impedance Control of a Manipulator Using Torque-Controlled Lightweight Actuators (Refereed Papers) 共著 1991年6月 IEEE Transactions on Industry Applications(28巻6号) 榊泰輔、岩金孝信 1399-1405
  • Impedance Control of a Direct-drive Advanced Manipulator without Using Force Sensors (Refereed Papers) 共著 1991年4月 Advanced Robotics(5巻2号) 舘すすむ、榊泰輔、荒井裕彦, 西澤昭一郎, ホセ・フェリペ=ペラエス・ポロ 183-205
  • Impedance Control of a Multi-D.O.F. Direct-Drive Manipulator (Refereed Papers) 共著 1990年6月 Journal of Robotics and Mechatronics(2巻3号) 井上康之、榊泰輔、岩金孝信 162-168
  • インピーダンス制御型マスタ・スレーブ・システム (II) -操作感の変更と操作能力の拡張- (査読付き) 共著 1990年6月 日本ロボット学会誌(8巻3号) 榊泰輔、舘すすむ 253-264
  • インピーダンス制御型マスタ・スレーブ・システム (I) -基本原理と伝送遅れへの応用- (査読付き) 共著 1990年6月 日本ロボット学会誌(8巻3号) 舘すすむ、榊泰輔 241-252
  • 力センサを用いないダイレクト・ドライブ・マニピュレータのインピーダンス制御 (査読付き) 共著 1989年6月 日本ロボット学会誌(7巻3号) 舘すすむ、榊泰輔、荒井裕彦, 西澤昭一郎, ホセ・フェリペ=ペラエス・ポロ 172-184

書評・論評・批評 等

  • EUから学ぶこと 単著 2016年10月1日 福岡EU協会

解説・総説関係

  • リハビリロボットの開発と製品化への課題 単著 2016年1月20日 研究開発リーダー(技術情報協会)(12巻10号) 17-28
  • 介護リハビリテーション領域で活躍するロボット 単著 2015年7月1日 臨床栄養(127巻1号) 14-15

新聞・Web等掲載関係

  • 私のバイブル「研究・設計・管理の実際」 単著 2016年10月 日刊工業新聞

国際会議関係

  • Rehabilitation and care robotics applied to Japan's social system 単独 2018年5月16日 BIT's 9th Annual World Congress of NeuroTalk-2018(NeuroTalk-2018) Taisuke Sakaki
  • Research and development of wearable auxiliary tool for behavior assistance of elderly who requires nursing care (査読付) 共同 2017年10月20日 2017 17th International Conference on Control, Automation and Systems(ICROS) Takehiro Tashiro, Kanta Aoki, Kongkwun Lee, Taisuke Sakaki
  • Development of Rehabilitation Device for Standing Position Weight Bearing Exercise Using Wii Balance Board (査読付) 共同 2017年10月20日 2017 17th International Conference on Control, Automation and Systems Yuken Kanemaru, Yuko Kamiya, Toshihiko Shimokawa, Hiroshi Umezaki, Taisuke Sakaki
  • Concept, results and future topics for the Human Robotics Research Center at Kyushu Sangyo University (査読付) 共同 2017年10月20日 2017 17th International Conference on Control, Automation and Systems(ICROS) Taisuke Sakaki, Kazuhiko Tsuruta, Yong-Kwun Lee, Nobuhiro Ushimi, Koji Murakami, Yoshimi Matsunoo, Yutaka Ichinose, Tshihiko Shimokawa, Yuko Kamiya, Osamu Kikima, Kanta Aoki, Shinya Morishita, Takehiro Tashiro, Hidetsugu Nishizono
  • Rehabilitation controller using brain illusion (査読付) 共同 2017年7月31日 The 7th Annual IEEE International Conference on Cyber Technologiy in Automation, Control and Integrated Systems(IEEE) K.Tsuruta, T.Ojiro, N.Ushimi, K.Murakami, T.Sakaki
  • Rehabilitation Robot in Primary Walking Pattern Training for SCI Patient at Home (査読付) 共同 2016年10月20日 The International Conference on NeuroRehabilitation (ICNR2016)(ICNR2016) Taisuke Sakaki, Toshihiko Shimokawa, Nobuhiro Ushimi, Koji Murakami, Yong-Kwun Lee, Kazuhiro Tsuruta, Kanta Aoki, Kaoru Fujiie, Ryuji Katamoto and Atsushi Sugyo
  • Rehabilitation Robot in Primary Walking Pattern Training for SCI Patient at Home (査読付) 共同 2015年6月11日 17th International Conference on NeuroRehabilitation, CD-ROM (5pages)(Warld Academy of Science, Engineering and Technology) Taisuke Sakaki, Toshihiko Shimokawa, Nobuhiro Ushimi, Koji Murakami, Yong-Kwun Lee, Kazuhiro Tsuruta, Kanta Aoki, Kaoru Fujiie, Ryuji Katamoto and Atushi Sugyo
  • Rehabilitation Robot in Primary Walking Pattern Training for SCI Patient for Home-use Based on the Experiments of Hospital-use Type 共同 2015年5月23日 BIT's 6th Annual World Congress of Neurotalk-2015, Abstract Book,p.131(BIT Congress) Taisuke Sakaki
  • Rehabilitation robot in primary walking pattern training for SCI patient​ ​Training robot for home-use based on the experiments of the hospital-use type​ (査読付) 共同 2015年3月6日 ICM2015-Nagoya IEEE International Conference on Mechatronics, USB (6pages)(ICM) T. Sakaki, N. Ushimi, K. Murakami, Y. Lee, K. Tsuruta, K. Aoki, K. Fujiie, R. Katamoto, A. Sugyo, Y. Kihara, K. Tateishi
  • Rehabilitation robot in primary walking pattern training for SCI patient (査読付) 共同 2014年6月24日 The International Conference on NeuroRehabilitation (4 pages)(ICNR2014) Taisuke Sakaki, Nobuhiro Ushimi, Yong-Kwun Lee, Kazuhiro Tsuruta, Kanta Aoki, Kaoru Fujiie, Ryuji Katamoto, Atsushi Sugyo, Yoshimitsu Kihara and Kenji Tateishi
  • Robotic Stretcher for Spinal Muscular Atrophy Patient: Preliminary Tests of User Controllability (査読付) 共同 2013年10月31日 The 10th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence, CD-ROM (6 pages)(The Korea Science and Technology Center) Taisuke Sakaki, Kanta Aoki, Kuniharu Ushijima and Mihoko Sakuragi
  • Rehabilitation robots assisting in walking training for SCI patient(査読付) 共同 2013年8月29日 2013 IEEE RO-MAN, USB(6 pages)(IEEE) Taisuke Sakaki, Nobuhiro Ushimi, Kanta Aoki, Kaoru Fujiie, Ryuji Katamoto, Atsushi Sugyo and Yoshimitsu Kihara
  • Rehabilitation robots assisting in walking training for SCI patient (査読付) 共同 2012年8月29日 Proceedings of 8th IFAC Symposium on Biological and Medical Systems, CD-ROM(6 pages) Taisuke Sakaki, Nobuhiro Ushimi, Kanta Aoki, Kaoru Fujiie, Ryuji Katamoto, Atsushi Sugyo, Yoshimitsu Kihara
  • Robotic Stretcher for SMA Patient: Preliminary Tests on Controllability and Safety(査読付) 共同 2011年8月 Proceedings of IFAC Word Congress 2011, CD-ROM (6 pages) Taisuke SAKAKI, Takayuki IRIBE, Ryuta KUROGI, Kuniharu USHIJIMA, Mihoko SAKURAGI, Keiichi MIYANAGA
  • Robotic Stretcher for SMA Patient (査読付) 共同 2010年8月 Proceedings of SICE Annual Conference 2010, CD-ROM (6 pages) Taisuke SAKAKI, Takayuki IRIBE, Kuniharu USHIJIMA, Kanta AOKI, Mihoko SAKURAGI, Keiichi MIYANAGA
  • Estimation of Intention of User Arm Motion for the Proactive Motion of Upper Extremity Supporting Robot (査読付) 単独 2009年6月 Proceedings of IEEE ICORR 2009, USB-memory (5 pages)
  • An Effective Design Method for Welfare Robot and its Application to the Design of Meal-Assistance Robot (査読付) 単独 2008年8月 Proceedings of IEEE RO-MAN 2008, pp.309-314, CD-ROM
  • Estimation of Intention of User Arm Motion for the Proactive Motion of Upper Extremity Supporting Robot (査読付) 単独 2007年5月 Proceedings of 2007 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering, CD-ROM (6 pages)
  • Robotic Rehabilitation System for Lower Extremity Exercise System 単独 2004年11月1日 Proceedings of Japan-America Frontiers of Engineering Symposium, p.19
  • Bio-Responsive Motion System (Rehabilitation System for Stroke Patients) (査読付) 共同 2003年9月 Proceedings of 6th Japan-France Congress on Mechatronics and 4th Asia-Europe Congress on Mechatronics, pp.73-76 平田亮吉、中元善太、榊泰輔、和田太、蜂須賀研二、富田豊
  • Prototype Walking Assist Robot and its Clinical Application for Stroke Patients with Sever Gait Disturbance (査読付) 共同 2003年5月 2nd World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine, pp.23-26 須賀研二、佐伯正治、和田太、岡崎孝雄、木村彰男、富田豊、榊泰輔
  • BRMS:Bio-Responsive Motion System (Rehabilitation System for Stroke Patients) (査読付) 共同 2002年9月 Proceedings of 2002 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, CD-ROM (6 pages) 平田亮吉、榊泰輔、岡田誠一郎、中元善太、平木功久、岡島康友、内田成男、富田豊、堀内俊夫
  • Therapeutic Effects of Power-Assist Training Combined with Biofeedback on Hemiplegia by Therapeutic Exercise Machine (TEM) (査読付) 共同 2001年9月 1st World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine, p.893-897 白川理沙、内田成男、岡島康友、榊泰輔、首藤秀樹
  • TEM: Therapeutic Exercise Machine for Lower Extremity of spastic patients (査読付) 共同 1999年11月 Proceedings of International Conference on Advanced Robotics 99, pp.181-184 榊泰輔、岡田誠一郎、平田亮吉、岡島康友、田中尚文、木村彰男、内田成男、瀧昌也、富田豊、堀内俊夫
  • TEM: Therapeutic Exercise Machine for hip and knee joints of spastic patients (査読付) 共同 1999年7月 Proceedings of International Conference on Rehabilitation Robots 99, pp.183-186 榊泰輔、岡田誠一郎、岡島康友、田中尚文、木村彰男、内田成男、瀧昌也、富田豊、堀内俊夫
  • Impedance Control of a Robot Manipulator Stabilized by PID Endpoint Motion Compensator (査読付) 共同 1992年7月 Proceedings of Second International Symposium on Measurement and Control in Robotics, 183-190 榊泰輔、岩金孝信、舘すすむ
  • Impedance Scaling of a Tele-Existence Master-Slave Manipulation System by Using Similarity Transformation (査読付) 共同 1992年7月 Proceedings of Second International Symposium on Measurement and Control in Robotics, pp.295-302 榊泰輔、舘すすむ
  • Impedance Control Using Decoupling Control of a Direct Drive Arm (査読付) 共同 1990年7月 Proceedings of International Power Electronics Conference in Tokyo, pp.1117-1123 井上康之、松本孝雄、榊泰輔、岩金孝信
  • Impedance Control of a Direct Drive Manipulator without Using Force Sensors (査読付) 共同 1990年7月 Proceedings of First International Symposium on Measurement and Control in Robotics, H2.2.1-H2.2.8 舘すすむ、榊泰輔
  • Impedance Controlled Master Slave System for Tele-Existence Manipulation (査読付) 共同 1990年7月 Proceedings of First International Symposium on Measurement and Control in Robotics, B3.1.1-B3.1.8 舘すすむ、榊泰輔

研究会関係

  • HRRC seminor 2016 annual reports 単独 2016年11月5日 HRRC seminor 2016, Joint seminor with Sogan University(HRRC)
  • HRRC seminor 2014 annual reports 単独 2015年2月23日 HRRC seminor 2014(HRRC)

講演関係

  • Rehabilitation and care robotics applied to Japan's social system 単独 2016年12月7日 Annual symposium of NRC Translational research program for rehabilitation robots(National Rehabilitation Research Institute National Rehabilitation Center)
  • リハビリロボットはいつ実用化するか 単独 2015年1月28日 計装研究会第386・387例会(計装研究会)

研究費・研究助成等

  • 高齢者せき損患者の歩行リハビリ訓練を支援するロボット 代表 2015年11月1日~2018年3月31日
  • 戸畑スラグ工場4BC大塊排出装置の開発 単独 2014年12月12日~2015年3月31日
  • 医工芸連携によりリハビリ・介護プロセスを革新するロボット実用化拠点 (ヒューマンロボティクス研究センター) 代表 2014年9月1日~2017年3月31日
  • 医工芸連携によりリハビリ・介護プロセスを革新するロボット実用化拠点 (ヒューマンロボティクス研究センター) 代表 2013年11月20日~2018年3月31日
  • 下肢患者・障害者のための在宅用歩行訓練ロボットの実用化 代表 2013年10月1日~2014年3月31日 せき損患者の歩行訓練を介助するロボットを実用化する。近年高齢者に多い非骨傷性頚髄損傷の特性を踏まえ回復レベルに応じ歩行動作を介助し深部感覚を補助する。前年度ロボット産業振興会議で開発したプロトタイプをさらに機能簡素化・小型軽量化・省電力化・低コスト化して実用化し医療介護現場の省力化に資する。
  • 下肢患者・障害者のための在宅用歩行訓練ロボット 代表 2012年10月1日~2013年3月31日 年間5,000人発生するせき損患者の歩行機能回復訓練を介助するロボットを開発する。本装置は近年高齢者に多い中心性頚髄損傷の特性を踏まえ、回復レベルに応じて歩行動作の介助を調整し、失われた深部感覚を補助する。形状の見直し、機能の絞り込みにより小型軽量化することで、在宅リハや通院リハでの実用化を図る。
  • 脊髄損傷者向け立位保持訓練ロボット 分担 2010年9月21日~2011年3月31日
  • 身体動作の制約を補う多自由度操作デバイスの開発 単独 2009年8月~2010年3月 上肢麻痺の障害者や身体能力の低下した要介護高齢者における上肢動作をアシストし、電動車椅子やシニアカー等の複雑な操作を可能にする指用操作デバイスを開発する。具体的には、手指にフィットし操作感が軽いユニバーサルデザインを考慮した手指装着機構と、ロボット技術を駆使し指単軸の操作を機械の複雑な動作へ変換する操作アルゴリズムを開発する。 独立行政法人 科学技術振興機構
  • 意図推定機能を有する上肢動作介助ロボットの開発 単独 2007年8月~2008年3月 上肢の障害・麻痺患者や要介護高齢者における上肢動作をアシストするウエアラブル型ロボットにおいて、使い勝手の良さと高い操縦性を実現するため、使用者の意図を迅速に推定する機能を開発し実用化する。視線や頭部動作を計測し、選好状態を推定、ロボットコントローラに運動指令を送り、ウエアラブル型ロボットによりアシスト動作を生じさせる。意図推定機能とロボットモーションとを結合する部分の開発に注力し、実用性の高いロボットシステムに仕上げる。 独立行政法人 科学技術振興機構
  • 福祉機器の安全性確保を目的とした故障時の機能維持に関する研究 単独 2006年~2008年 障害者・患者・要介護高齢者の介助・支援機器が故障した際の機能維持のための基礎技術として、ユーザの操作の中断及び動作の停止が許容困難な介助・支援機器において、フェールセーフとフォールトトレランスの考え方をベースにユーザの利便性を考慮した安全技術を確立するものである。故障発生を模擬する装置でヒューマンエラーの生起実験を行い、エラー発生を防ぐ手法を開発した。個人差への細かな対応が今後の課題である。

共同・受託研究実績

  • ロボット産業振興会議平成24年度ロボット技術実用化事業助成金「 下肢患者・障害者のための在宅用歩行訓練ロボット 」 共同 2012年~2013年 福岡県ロボット産業振興会議 総合せき損センター医用工学研究部主任研究員藤家馨、研究員片本隆二 (公財)北九州産業学術推進機構産学連携統括センターロボット開発支援部 課長松崎一成、 株式会社有薗製作所代表取締役有薗央 ロボフューチャー(株)代表取締役木原由光
  • ハンドマッサージロボット 単独 2010年~現在 福岡市ビジネス創造センター
  • 脊髄損傷患者向け立位保持訓練ロボット 分担 2010年~2011年 北九州市市内発ロボット創生事業プロジェクト 榊泰輔、藤家馨、片本隆二
  • からくり技術を用いた物流システム 単独 2010年~2011年 (株)東芝物流
  • リハビリロボットの共同研究 共同 2007年~現在 せき損センター医用工学部主任研究員藤家馨、片本隆二研究員
  • 全身性麻痺患者が自立移動するためのロボットストレッチャー 共同 2007年~現在 北九州市 北九州市障害福祉センター、九産大デザイン学科青木研究室、同機械学科牛島研究室、情報科学部下川研究室
  • 意図推定機能を有する上肢動作介助ロボットの開発 共同 2007年 日本学術振興会 ASTEP 青木幹太

特許関係

  • 歩行介助ロボット 共同 2015年3月6日 特許第5706016号 榊泰輔、青木幹太、藤家馨、片本隆二、須堯敦史
  • 歩行介助ロボット 共同 2014年3月28日 5507224 榊泰輔,青木幹太
  • ハンドマッサージロボット 単独 2014年1月31日 特許第5463505号 榊泰輔
  • 運動機能支援装置 共同 2012年5月11日 特許第4986658号 榊 泰輔、津田 邦彦
  • 肢体駆動装置の制御方法 単独 2010年2月5日 特許第4449133号
  • 肢体訓練装置 共同 2009年10月2日 特許第4378926号 平田 亮吉
  • 下肢訓練装置 共同 2009年7月17日 特許第4341331号 中元 善太、榊 泰輔、平田 亮吉、岡田 誠一郎
  • 歩行訓練装置および歩行ユニット 共同 2009年2月20日 特許第4259111号 大島 幹男、松崎 光洋、榊 泰輔、】平田 亮吉
  • 肢体駆動装置 単独 2009年1月23日 特許第4247727号 榊 泰輔
  • 歩行誘発機能を備えた下肢訓練装置 共同 2009年1月9日 特許第4239213号 中元 善太、榊 泰輔、平田 亮吉
  • リハビリテーション支援装置 共同 2008年8月15日 特許第4168242号 平田 亮吉、】榊 泰輔
  • 肢体駆動装置の制御装置および肢体駆動システム 共同 2008年2月8日 特許第4075020号 永田 広治、榊 泰輔
  • 運動療法装置 共同 2008年1月11日 特許第4061432号 榊 泰輔、永田 広治
  • モータ速度制御装置 共同 2007年12月14日 特許第4053529号 鶴田 和寛、榊 泰輔、藤本 孝
  • 肢体駆動装置 共同 2007年12月14日 特許第4051588号 近藤 正志、榊 泰輔
  • 医療装置 共同 2007年12月14日 特許第4051505号 永田 広治、榊 泰輔
  • ロボットのダイレクトティーチ装置 単独 2007年12月2日 特許第4032263号 榊 泰輔
  • 関節負荷を考慮した訓練装置 共同 2007年10月5日 特許第4019228号 坂本 武志、榊 泰輔
  • 訓練装置 共同 2007年10月5日 特許第4019227号 永田 広治、榊 泰輔
  • バイオフィードバック装置および制御方法 共同 2006年11月2日 特許第3873281号 平田 亮吉、榊 泰輔
  • 治療者用訓練装置 共同 2006年10月27日 特許第3870410号 坂本 武志、榊 泰輔
  • 肢体駆動装置 共同 2006年10月27日 特許第3870403号 松熊 研司、榊 泰輔
  • 運動療法装置 共同 2006年10月27日 特許第3870404号 榊 泰輔、近藤 正志、永田 広治
  • 連続他動運動装置 共同 2006年4月28日 特許第3797437号 榊 泰輔、近藤 正志、松熊 研司、永田 広治
  • 教示用力センサ 単独 2006年2月10日 特許第3767643号 榊 泰輔
  • 関節駆動装置 共同 2005年9月5日 特許第3716417号 近藤 正志、松熊 研司、榊 泰輔、石橋 一郎
  • 肢体駆動装置の制御装置 共同 2005年1月21日 特許第3638048号 永田 広治、榊 泰輔、坂本 武志
  • 下肢駆動装置 共同 2004年12月10日 特許第3624693号 近藤 正志、榊 泰輔
  • 連続受動運動装置 共同 2003年11月7日 特許第3489011号 井上 康之、榊 泰輔
  • 連続受動運動装置 共同 2003年11月7日 特許第3489010号 榊 泰輔、井上 康之
  • 両下肢訓練器具 共同 2002年12月13日 意匠登録第1164963号 大島 幹男、松崎 光洋、榊 泰輔、平田 亮吉
  • 両下肢訓練歩行器具 共同 2002年11月8日 意匠登録第1162208号 大島 幹男、松崎 光洋、榊 泰輔、平田 亮吉
  • マスタ・スレーブロボットの制御装置 単独 2002年10月4日 特許第3355614号 榊 泰輔
  • アーム駆動装置 単独 2002年5月17日 特許第3307788号 榊 泰輔
  • マニピュレ―タのインピ―ダンス制御方式 共同 1996年4月16日 第2507891号 舘すすむ、荒井 裕彦、西澤 昭一郎、榊 泰輔
  • 時系列デ-タのデ-タベ-ス検索方法 共同 1996年2月7日 特公平8-12659 金谷 利憲、榊 泰輔
  • マスター・スレーブロボットの制御方法 共同 1996年1月24日 特公平8-5017 舘すすむ、榊 泰輔

受賞

  • 日本リハビリテーション工学協会福祉機器コンテスト学生部門最優秀賞 共同 2017年9月28日 日本リハビリテーション工学協会 仲野翔太、春野礼知郎、榊泰輔、青木幹太、下川俊彦、櫻木美穂子
  • 九州産業大学文化振興奨励賞社会貢献賞 共同 2017年4月25日 九州産業大学 榊泰輔、青木幹太、聞間理
  • 計測自動制御学会システムインテグレーション部門貢献表彰 単独 2016年12月16日 計測自動制御学会
  • 九州産業大学学術文化振興奨励賞教育功労賞 共同 2016年4月13日 榊泰輔ほか
  • 2012年度日本機械学会教育賞 共同 2013年4月19日 (社)日本機械学会 フューチャードリーム!ロボメカ・デザインコンペ実行委員会
  • The IFAC Congress Application Paper Prize(finalist paper) 単独 2011年8月
  • 九州産業大学学術文化振興奨励賞研究業績賞 共同 2005年3月
  • 第50回電気科学技術奨励賞(オーム技術賞) 共同 2002年10月
  • IEEE/IAS Annual Meeting Paper Award (Second Prize) 共同 1991年 Taisuke Sakaki, Takanobu Iwakane et.al.

社会活動

  • 香椎原病院との連携プロジェクト  2014年4月1日~現在 香椎にある病院と地域活性化の課題について検討をすすめている、月例会議、研究会を開いている
  • 希望の明かりプロジェクト  2011年5月1日~2017年3月31日 東日本大震災における復興支援、とくに岩手県陸前高田市において住民との交流、産業復興支援を現地にて実施

その他

  • せき損患者用各種歩行リハビリロボットの開発 単独 2009年~現在 北九州産学連携センター・総合せき損センター・デザイン学科・木原鉄工所と共同
  • ハンドマッサージロボットの開発 単独 2009年~現在 福岡ビジネス創造センターと共同
  • 物流現場向けパレット段積み装置 からくり技術を応用 単独 2009年~2010年 東芝物流(株)殿より委託
  • 全身性麻痺患者用ロボットストレッチャーの開発 単独 2007年~現在 北九州市・機械工学科・デザイン学科と共同
  • 北九州市新産業創出プロジェクト 単独 2005年~2010年

学会等および社会における主な活動

  • 第32回日本ロボット学会学術講演会プログラム委員長 2012年9月1日~2014年11月1日
  • 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門主催ロボメカデザインコンペ実行委員会副委員長 2013年4月1日~2014年3月31日
  • LIFE2015大会長 2013年9月1日~2015年12月1日
  • 計測自動制御学会 福祉工学部会 副主査 2014年1月1日~2016年3月31日
  • 第20回ロボティクスシンポジアプログラム委員 2014年3月31日~2015年3月31日
  • 第21回ロボティクスシンポジアプログラム委員長 2014年3月31日~2016年3月31日
  • 日本ロボット学会学術講演会プログラム委員長 2014年4月1日~2015年3月31日
  • 日本機械学会九州地区競技会ロボメカデザインコンペ副委員長 2014年4月1日~2017年3月31日
  • 第21回ロボティクスシンポジア プログラム委員会委員長 2014年9月1日~2016年8月31日
  • 日本生活支援工学会 理事 2015年4月1日~2017年3月31日
  • 日本機械学会 ロボティクスメカトロニクス部門 技術委員会 委員 2015年4月1日~2017年3月31日
  • 日本ロボット学会表彰委員会委員 2015年4月1日~2017年3月31日
  • 日本機械学会学会賞委員 2015年9月15日~2016年3月31日
  • 第22回ロボティクスシンポジアプログラム委員 2016年3月31日~2017年3月31日
  • 第22回ロボティクスシンポジア表彰委員会委員 2016年4月1日~2017年3月31日
  • 計測自動制御学会 学会誌運営委員 2016年4月1日~2018年3月31日
  • ロボメック2018大会 プログラム副委員長 2016年4月1日~2018年12月31日
  • ロボティクスシンポジアアドバイザリ委員 2017年6月1日~現在
  • 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 福祉工学部会 委員 2018年1月1日~2018年12月31日
  • 日本生活支援工学会 理事 2018年4月1日~2020年3月31日