教員紹介

教員紹介

教員詳細情報

検索結果に戻る  印刷する

氏名 今坂 公宣
かな いまさか きみのぶ(IMASAKA KIMINOBU)
所属 理工学部 電気工学科,工学部 電気情報工学科
職名 教授(工学部オープンキャンパス委員, 工学部入試審議会委員, 電気工学研究部部長)
学位 博士(工学) 
ホーム
ページ
 
今坂 公宣

専攻分野・研究テーマ

専攻分野
電気エネルギー、パルスパワー、高電圧、電力、プラズマ、ナノ材料、 電力工学・電力変換・電気機器、 ナノ材料工学
研究テーマ
電気エネルギー発生技術の開発とその応用

担当科目

システム工学Ⅰ, 卒業研究, 基礎ゼミナール, 工学的センスの基礎, 電力システム工学Ⅱ, 電力発生変換工学Ⅰ, 電力発生変換工学Ⅱ, 電気エネルギー工学実験, 電気エネルギー工学特論, 電気エネルギー概論, 電気情報工学基礎, 電気情報工学演習, 電気情報技術演習I, 電気情報技術演習II, 電気情報技術研究I, 電気情報技術研究II, 高電圧工学

学生諸君へのメッセージ

電気エネルギーの需要の増加にともなって、電気エネルギー発生技術が重要になります。電気エネルギーの中でも特に、地球環境やエネルギー資源問題と関連して燃料電池や太陽電池などの再生可能エネルギーの利用が重要となります。このような燃料電池や太陽電池に関する研究を行っています。 一方、電気エネルギーの有効利用として注目されている技術に、パルスパワー技術があります。パルスパワーとは、極短時間だけ発生する大電力のことです。パルスパワー技術は、環境分野、バイオ・生化学、農業、材料分野などの従来の大電力技術では実現できなかった様々な分野における応用を可能にします。パルスパワー技術に関連してパルスパワー電源の開発と応用に関する研究を行っています。 電気エネルギー及びパルスパワー技術に興味のある人は、いつでも問い合わせてください。

学歴

1992年3月
熊本大学 工学部 電気情報工学科 卒業
1992年4月
熊本大学 大学院工学研究科 電気情報工学専攻修士課程 入学
1994年3月
同校 修了
2004年11月
博士(工学)九州大学

研究業績

 著書

 論文

  • Characteristics of polymer electrolyte fuel cell using surface modified carbon aanotubes by ozone produced by pulsed arc discharge(Refereed Papers) 共著 2015年 Proc. of 5th Euro-Asian Pulsed Power Conference (EAPPC2014) K. Imasaka, M. Terayama, S. Matsuyuki, T. Uchikawa, A. Hatanaka, T. Yamashita and J. Suehiro
  • Metal plating removal from insulator substrate using pulsed arc discharge(Refereed Papers) 共著 2014年6月 26th Symposium on Plasma Science for Materials, Journal of Physics: Conference Series(518巻) K. Imasaka, S Gnapowski and H Akiyama 012028(5pages)
  • Discharge characteristics in liquid helium, liquid nitrogen and pure water preparatory to fabrication of carbon nanomaterials(Refereed Papers) 共著 2012年5月 26th Int. Conf. on Low Temperature Physics (LT26) Journal of Physics: Conference Series(400巻5号) H. Kawasaki,T. Shigematsu, K. Imasaka, T. Ohshima and Y. Yagyu and Y. Suda 4pages
  • Carbon nanomaterial fabrication mechanisms: bubble behavior in liquid helium using arc discharge(Refereed Papers) 共著 2012年4月 Transactions of the Materials Research Society of Japan(37巻4号) H. Kawasaki, T. Shigematsu, T. Ohshima, T. Ihara, Y. Yagyu, Y. Suda and K. Imasaka 589-592
  • Discharge characteristics in liquid helium preparatory to fabrication of carbon nanomaterials(Refereed Papers) 共著 2011年10月 Transactions of the Materials Research Society of Japan(36巻3号) H. Kawasaki, T. Shigematsu, K. Imasaka, T. Ohshima, Y. Yagyu, Y. Suda 479-482
  • Identification of dc corona generating SF6 decomposition gases adsorbed on CNT gas sensor using FTIR spectroscopy(Refereed Papers) 共著 2010年11月 Proc. of Int. Tech. Conf. of IEEE(TENCON 2010) Y. Martin, L. Zhenyu, T. Tsutsumi, K. Imasaka, J. Suehiro, S. Ohtsuka 663-666
  • Macro- scale network formation of multi-walled carbon nanotubes in UV-cured polymer film using dielectrophresis under AC high electric field(Refereed Papers) 共著 2010年11月 Proc. of The 15th Asian Conf. on Electrical Discharge W. Sun, H. Tomita, S. Hasegawa, K. Imasaka and J. Suehiro 66-69
  • Detection of SF6 decomposition gases generated by HVDC partial discharge using carbon nanotube gas sensor(Refereed Papers) 共著 2010年9月 Proc. of Int. Conf. on Condition Monitoring and Diagnosis (CMD 2010) Y. Martin, L. Zhenyu, T. Tsutsumi, K. Imasaka, J. Suehiro and S. Ohtsuka 874-877
  • Enhancement and stabilization of pulsed streamer discharge in water by adding carbon nanotubes(Refereed Papers) 共著 2010年8月 Jpn. J. Appl. Phys.(49巻) K. Imasaka, W. Sun, H. Tomita, Y. Kato, U. Khaled, J. Suehiro 086203-1-086203-7(7pages)
  • Solubilization of Single-Walled Carbon Nanotubes Using Ozone Generated by Dielectric Barrier Discharge(Refereed Papers) 共著 2010年5月 Jpn. J. Appl. Phys.(49巻) W. Sun, U. Khaled, H. Tomita, Zhenyu Li, K. Imasaka, J. Suehiro 055002-1-055002-5(5pages)
  • Enhancement of microplasma generated in water by adding carbon nanotubes(Refereed Papers) 共著 2009年9月 Journal of Plasma and Fusion Research Series(8巻) U. Khaled, K. Imasaka, J. Suehiro 603-607
  • Effect of ozone generated by dielectric barrier discharge on water-solubility of single-walled carbon nanotubes(Refereed Papers) 共著 2009年7月 Proc. of Int. Sympo. on Plasma Chemistry S. Wei, U. Khaled, T. Tomita, K. Imasaka and J. Suehiro P1.8.51(4pages)
  • pH dependence of water-solubilization of single-walled carbon nanotubes treated by microplasma in aqueous solution(Refereed Papers) 共著 2009年7月 Proc. of Int. Sympo. on Plasma Chemistry K. Imasaka, U. Khaled, S. Wei and J. Suehiro P2.15.08(4pages)
  • Effects of pH on water-solubilization of carbon nanotube using microplasma in aqueous solution(Refereed Papers) 共著 2009年6月 Jpn. J. Appl. Phys.(48巻6号) K. Imasaka, Y. Kato, U. Khaled, J. Suehiro 065004-1-065004-7(7pages)
  • Bacterial detection using a carbon nanotube gas sensor coupled with a microheater for ammonia synthesis by aerobic oxidization of organic components(Refereed Papers) 共著 2009年6月 IET Nanobiotechnology(3巻2号) J. Suehiro, N. Ikeda, A. Ohtsubo, K. Imasaka 15-22

 講演関係

  • パルスパワー技術の材料分野への応用 単独 2016年2月29日 九州パワーアカデミーシンポジウム「小規模エネルギー資源の活用に関連する技術や 社会基盤の現状と今後の課題」(九州パワーアカデミー) 今坂 公宣

 研究費・研究助成等

  • パルスパワー創製表面改質ナノカーボンを用いた固体高分子型燃料電池の出力向上技術 代表 2015年~2017年
  • パルスパワーによるハイブリッドナノカーボンの創製と固体高分子型燃料電池への応用 代表 2012年5月~2014年3月31日

 共同・受託研究実績

  • 平成24年度熊本大学グローバルCOEプログラム「衝撃エネルギー工学グローバル先導拠点」共同研究「パルスパワーによるレアメタル回収に関する研究」 代表 2012年
  • 大分工業高等専門学校との学外共同研究「磁気パルス圧縮法による小型パルスパワー電源の開発」 代表 2012年
  • 平成24年度東北大学金属材料研究所共同利用研究(附属強磁場超伝導材料研究センター)「強磁場・低温環境下におけるカーボンナノ物質生成実験」 分担 2012年 川崎 仁晴、今坂 公宣
  • 平成23年度熊本大学グローバルCOEプログラム「衝撃エネルギー工学グローバル先導拠点」共同研究「パルスパワーによるレアメタル回収に関する研究」 代表 2011年
  • 大分工業高等専門学校との学外共同研究「小型パルスパワー電源の開発と液中ナノ材料表面改質への応用」 代表 2011年
  • 平成23年度東北大学金属材料研究所共同利用研究(附属強磁場超伝導材料研究センター)「強磁場・低温環境下におけるカーボンナノ物質生成実験」 分担 2011年 川崎 仁晴、今坂 公宣

 社会活動

  • 篠栗町再生可能エネルギー発電設備導入可能性調査検討委員長  2014年

 学会等および社会における主な活動

  • 日本物理学会 1996年4月~現在
  • 放電学会 1996年4月~現在
  • 応用物理学会 2006年4月~現在
  • 電気学会 活動推進員 2010年4月1日~現在
  • 九州パワーアカデミー 九産大代表員 2010年4月~現在
  • Local supporter of 5th Euro-Asian Pulsed Power Conference(第5回欧州-アジアパルスパワー会議現地実行委員) 2013年
  • 電気学会 九州支部協議員 2014年4月1日~現在
  • 電気学会 九州支部代議員 2016年~2018年

検索結果に戻る  印刷する

ページの先頭へ