教員紹介

教員紹介

教員詳細情報

検索結果に戻る  印刷する

氏名 阿久根 忠博
かな あくね ただひろ(AKUNE TADAHIRO)
所属 理工学部 電気工学科,工学部 電気情報工学科
職名 教授
学位 博士(工学) 
ホーム
ページ
 
阿久根 忠博

専攻分野・研究テーマ

専攻分野
応用物性、 超伝導工学
研究テーマ
超伝導体の作製とその特性評価

担当科目

電磁気学, 電気情報工学実験, 電気情報数学, 電磁気学Ⅰ, 電磁気学Ⅱ

学生諸君へのメッセージ

会社の面接試験で、学生時代に特にがんばったことを聞かれる事があるそうですが、何か目標を掲げて努力すると学生生活が有意義になると思います。目標として例えば、コンピュータに強くなる、英会話が巧くなる、本を読む等です。今日のグローバルなコンピュータ社会においては必要なことでしょう。トライしてみよう。

学歴

1974年3月
鹿児島大学工学部電気工学科卒業(工学士)
1976年3月
鹿児島大学大学院工学研究科電子工学専攻修士課程修了(工学修士)

研究業績

 著書

 論文

  • 高温超伝導体における第3次高調波帯磁率 共著 2015年3月 九州産業大学総合機器センター研究報告(18号) 阿久根忠博,木下純一,岩崎秀作,西嵜照和,坂本進洋 1-6
  • High Strength and Superconductivity in Nanostructured Niobium–Titanium Alloy by High-Pressure Torsion and Annealing: Significance of Elemental Decomposition and Supersaturation(Refereed Papers) 共著 2014年8月 Acta Materialia(80巻) K. Edalati, T. Daio, S. Lee, Z. Horita, T. Nishizaki, T. Akune, T. Nojima, and T. Sasaki 149-158
  • The 3rd AC susceptibilities in the grain model of high-Tc superconductors(Refereed Papers) 共著 2013年6月 Physics Procedia(45巻) J.Kinoshita, S.Iwasaki, T.Akune, N.Sakamoto 77-80
  • Critical current densities of Sr0.6K0.4Fe2As2 superconductors estimated from AC susceptibilities(Refereed Papers) 共著 2013年3月 Physica C(484巻) S. Setoyama, J. Kinoshita, T. Akune, N. Sakamoto, K. Murakami, N. Yoshida, M. Kiuchi, E. S. Otabe, T. Matsushita, J. Ge, B. Ni, L. Wang, Y. Qi, X. Zhang, Z. Gao, Y. Ma 35-38
  • AC susceptibility of grained superconductor(Refereed Papers) 共著 2013年3月 Proceedings of ICEC 24-ICMC 2012 Kinoshita J., Akune T., Sakamoto N. 883-886
  • On the scaling of the flux pinning force density estimated for two types of MgB2 specimens(Refereed Papers) 共著 2012年12月 Journal of Physics: Conference Series(400巻) Y. Matsumoto, H. Tanaka, A. Nishida, T. Akune, N. Sakamoto and A.A.A Youssef 022070
  • Sr0.6K0.4Fe2As2超伝導体におけるAg添加による粒界特性の改善 共著 2012年3月 九州産業大学工学部研究報告(48号) 瀬戸山昴,木下純一,阿久根忠博,坂本進洋,小田部荘司,倪宝栄,王雷,斉彦鵬,張現平,高召順, 馬衍偉
  • グレインモデルによる超伝導交流帯磁率シミュレーション(Ⅱ) 共著 2012年3月 九州産業大学工学部研究報告(48号) 木下 純一,瀬戸山 昴,阿久根 忠博,坂本 進洋
  • AC Susceptibility Studies of Anisotropy in Sm-123 Superconductors(Refereed Papers) 共著 2011年3月 IEEE Trans. on Appl. Super.(21巻) N. Sakamoto, T. Akune 3142-3145
  • グレインモデルによる超伝導交流帯磁率シミュレーション(Ⅰ) 共著 2011年3月 九州産業大学工学部研究報告(47号) 瀬戸山昴,木下純一,田中恒太郎,阿久根忠博,坂本進洋 15-20
  • Sm-123溶融凝固体の作製 共著 2010年3月 九州産業大学総合機器センター研究報告(13号) 阿久根忠博,石松明,岩崎秀作,坂本進洋 7-10
  • Sm-123溶融凝固バルク超伝導体の高磁界下における交流帯磁率 共著 2009年12月 九州産業大学工学部研究報告(46号) 石松明,岩崎秀作,阿久根忠博,坂本進洋 27-32
  • Critical current densities estimated from AC susceptibilities in proximity-induced superconducting matrix of multifilamentary wire 共著 2009年6月 Journal of Physics: Conference Series(150巻) T. Akune, N. Sakamoto 052005
  • Modified scaling law of the critical current density in polycrystalline MgB2 specimens(Refereed Papers) 共著 2009年6月 Journal of Physics: Conference Series(150巻) Y.Matsumoto, T. Akune, N. Sakamoto 052157
  • AC susceptibility studies of grain-aligned superconductors by grained Bean model(Refereed Papers) 共著 2009年6月 Journal of Physics: Conference Series(150巻) N. Sakamoto, T. Akune, Y. Matsumoto 05221
  • AC susceptibilities of grain-textured superconductors(Refereed Papers) 共著 2008年11月 Physica C(468巻) N. Sakamoto, Y. Fukuda, M. Koga, T. Akune, H.R. Khan, K. Lueders 1431-1434
  • Modeling proximity-coupling in multifilamentary wires by grained Bean model(Refereed Papers) 共著 2008年11月 Physica C(468巻) T. Akune, W. Yumoto, N. Sakamoto 1481-1484
  • Superconductivity of Ag-added composites of Hg-1223---grained Bean model---(Refereed Papers) 共著 2007年11月 Physica C(463-465巻) M. Kubo, T. Akune, N. Sakamoto, H.R. Khan, K. Lueders 478-481
  • On the temperature dependence of the magnetic hysteresis widths observed in grain-aligned Hg(Re)-1223 specimens(Refereed Papers) 共著 2007年6月 Supercond. Sci. Technol.(20巻) Y. Matsumoto, K. Murakami, Y. Kimoto, K. Higuchi, A. Nishida,T. Akune, N. Sakamoto 736-741

 口頭発表

  • バルクナノタンタルの超伝導特性 共同 2016年9月15日 日本物理学会2016年秋季大会 松﨑陽平,西嵜照和,K. Edalati, 李昇原,堀田善治,阿久根忠博,坂本進洋, 野島勉, 井口敏, 佐々木孝彦
  • バルクナノバナジウムの超伝導特性に対する欠陥の効果 共同 2015年12月8日 第23回渦糸物理国内会議 寺田信平,西嵜照和,李昇原,堀田善治,阿久根忠博,坂本進洋
  • 高圧ねじり法によって作製されたNbTiの超伝導特性 共同 2015年12月7日 第23回渦糸物理国内会議 西嵜照和,K. Edalati,堀田善治,阿久根忠博,坂本進洋,野島 勉, 井口敏,佐々木孝彦
  • バルクナノNbの超伝導特性 共同 2013年11月30日 平成25年度応用物理学会九州支部学術講演会 新澤 直樹,西嵜 照和,阿久根 忠博,坂本 進洋,李 昇原,堀田 善治,佐々木 孝彦, 小林典男
  • Improvement of intergrain properties in Sr0.6K0.4Fe2As2 superconductors with Ag addition 共同 2011年11月 24th International Symposium on Superconductivity S.Setoyama,J.Kinoshita,T.Akune,N.Sakamoto,K.Murakami, N.Yoshida,M.Kiuchi,E.S.Otabe,T.Matsushita,J.Ge,B.Ni, L.Wang,Y.Qi,X.Zhang,Z.Gao,Y.Ma
  • Sr0.6K0.4Fe2As2多結晶超伝導体の臨界電流密度 共同 2011年9月1日 第72回応用物理学会学術講演会 木下 純一, 瀬戸山 昴, 阿久根 忠博,坂本 進洋, 村上 晃司, 吉田 信之, 木内 勝,小田部 荘司, 松下 照男, 葛君, 倪宝栄, 王雷, 斉彦鵬, 張現平, 高召順, 馬衍偉
  • On the scaling analyses of the flux pinning force density estimated for two types of MgB2 specimens 共同 2011年8月 26th International Conference on Low Temperature Physics(LT 26) Y. Matsumoto, H.Tanaka, A. Nishida, T. Akune, N. Sakamoto, Ahmed A A. Youssef
  • Sm-123超伝導体の交流帯磁率異方性 共同 2010年9月 第71回応用物理学会学術講演会(応用物理学会) 瀬戸山昴, 岩崎秀作, 阿久根忠博, 坂本進洋
  • Sm-123超伝導体の交流帯磁率異方性(2) 共同 2010年9月 平成22年度電気関係学会九州支部連合大会(電気学会九州支部) 坂本進洋, 瀬戸山昴, 岩崎秀作,阿久根忠博
  • Sm-123溶融凝固バルク体の作製 共同 2010年9月 平成22年度電気関係学会九州支部連合大会(電気学会九州支部) 坂本進洋, 木下純一, 岩崎秀作,阿久根忠博
  • 超伝導体における磁束密度分布と交流帯磁率特性 共同 2010年9月 平成22年度電気関係学会九州支部連合大会(電気学会九州支部) 坂本進洋, 瀬戸山昴, 阿久根忠博
  • Anisotropic properties of Sm-123 superconductors analyzed by grained Bean model 共同 2009年11月 22th International Symposium on Superconductivity A. Ishimatsu, T. Akune, N. Sakamoto
  • グレイン配向Sm-123超伝導体の異方性 共同 2009年9月 平成21 年度 電気関係学会九州支部連合大会 石松明, 瀬戸山昴, 阿久根忠博, 坂本進洋
  • Hg系超伝導体における交流帯磁率のシミュレーション(2) 共同 2009年4月 第56回応用物理学関係連合講演会(応用物理学会) 石松明, 阿久根忠博, 坂本進洋,松本泰國

 その他

  • Temperature dependence of pinning potentials in grain-aligned and Re-doped Hg-1223 superconductors 単独 2005年 Physica C vol. 426-431 pp.666-670.
  • Effect of Re-doping in grain aligned Hg-1223 superconductors 単独 2003年 Physica C vol. 392-396 pp.386-390.

 学会等および社会における主な活動

  • 低温工学・超電導学会 九州・西日本支部 委員 2013年4月~現在

検索結果に戻る  印刷する

ページの先頭へ