教員紹介

中原 健志

教員詳細

中原 健志
准教授
中原 健志 NAKAHARA TAKESHI
所属 理工学部 機械工学科
学位 博士(工学)
ホームページ http://www.kyusan-u.ac.jp/J/kougaku/tm/nakahara/

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    機械力学・制御

  • 研究テーマ

    振動エネルギーの回生・振動制御

担当科目

機械工学概論, 基礎物理, 工業力学, 機械力学(機械力学Ⅰ), 応用機械力学(機械力学Ⅱ), メカトロニクス(メカトロニクスⅠ), メカトロニクスⅡ, 制御工学Ⅰ, 制御工学Ⅱ, 機械工学実験Ⅰ, 機械工学実験Ⅱ, 機械工学演習, 卒業研究

学生のみなさんへのメッセージ

機械工学科では、微積分学と深い関わりを持って発展してきた力学を機械の設計と解析に応用する方法を中心に学びます。高校で物理や微積分を十分に勉強する機会のなかった人もいると思いますが、個別指導が受けられる基礎教育サポートセンターなど支援体制は充実していますので、真剣に取り組む意思さえあれば大丈夫です。

学歴

1999年3月 東京工業大学 工学部 機械科学科 中退(学部3年終了後に大学院へ飛び入学のため)
2001年3月 東京工業大学 大学院理工学研究科 機械工学専攻 修士課程 卒業
2006年10月 東京工業大学 大学院理工学研究科 機械宇宙システム専攻 博士(工学)取得
2010年4月 九州産業大学国外研修員(期間:2010年4月~8月、研修先:フランス国立応用科学院リヨン校)

研究業績

著書

  • 機械工学のための数学Ⅱ -基礎数値解析法- 共著 2007年 朝倉書店 東京工業大学機械科学科編集 (執筆者 大熊政明、中原健志) 41-43, 52, 53-54, 58-59

論文

  • 圧電アクチュエータを用いたセミアクティブ振動制御系の調和外力に対する応答の解析(査読付き) 共著 2018年6月25日 日本機械学会論文集(84巻862号) 中原 健志, 藤本 孝 18-00017
  • エネルギー回生振動制御のための調和入力を用いたモデル予測制御器への外乱モデルの導入(査読付き) 共著 2015年4月 日本機械学会論文集(81巻824号) 中原健志、藤本孝 1-16
  • Model predictive controllers for energy regenerative active vibration control systems using piezoelectric actuators and class D amplifiers(Refereed Papers) 共著 2014年8月 12th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC2014) Takeshi NAKAHARA, Takashi FUJIMOTO 1-12
  • 3次元マイクロラティスで構成された梁の曲げ特性評価 (第1報 数値解析に基づく検討)(査読付き) 共著 2013年5月 日本機械学会論文集A編(79巻801号) 牛島 邦晴, 秋吉 宗, Dai-Heng CHEN, 中原 健志, Wesley James CANTWELL 620-632
  • Adaptive Gain Modal Control for Energy Regenerative Vibration Control Systems Using Piezoelectric Actuators and Class D Amplifiers(Refereed Papers) 共著 2012年10月 11th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC2012), DSCC2012-MOVIC2012-8594 Takeshi NAKAHARA, Simon CHESNE, Luc GAUDILLER and Takashi FUJIMOTO 1-10
  • Energy Regenerative Active Vibration Control of Cantilever Beam Using Piezoelectric Actuator and Class D Amplifier(Refereed Papers) 共著 2011年7月 Journal of System Design and Dynamics Vol. 5 Takeshi NAKAHARA and Takashi FUJIMOTO 737-751
  • Energy Regenerative Active Vibration Control of Cantilever Beam Using Piezoelectric Actuator and Class D Amplifier(Refereed Papers) 共著 2010年8月 10th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC2010), Paper No. 2A13 Takeshi NAKAHARA and Takashi FUJIMOTO 1-13
  • Energy Regenerative Vibration Control Using Piezoelectric Actuator and Class D Amplifier(Refereed Papers) 共著 2008年9月 9th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC2008), Paper No. 1140 Takeshi NAKAHARA and Takashi FUJIMOTO 1-10
  • Multi-segment Sliding Mode Control of Motion and Positioning for a Carriage System with Coulomb Friction(Refereed Papers) 共著 2008年9月 9th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC2008), Paper No. 1221 Takashi FUJIMOTO, Takeshi NAKAHARA and Kazuhiro TSURUTA 1-10
  • D級増幅器によるスマート構造のエネルギー回生振動制御(第1報,等価回路モデルと回路シミュレータを用いた数値解析による検討)(査読付き) 単著 2008年2月 日本機械学会論文集 C編, 74巻, 738号 259-268
  • Miniaturization of Thin Plate Type Bolt Loosening Detection Sensor(Refereed Papers) 共著 2006年8月 8th International Conference on Motion and Vibration Control Takeshi NAKAHARA and Masaaki OKUMA 209-214
  • ボルト緩み検知用薄板形センサの初期緩み感度向上に関する研究(査読付き) 共著 2006年7月 日本機械学会論文集C編(72巻719号) 中原健志,大宅由佑,大熊政明 2232-2239
  • ボルト緩み検知用薄板形センサの小型化(査読付き) 共著 2006年6月 日本機械学会論文集C編(72巻721号) 中原健志,大熊政明 2980-2987

学会等および社会における主な活動

  • 日本機械学会 会員 2001年5月~現在
  • 日本機械学会 機械力学・計測制御部門講演会D&D2004実行委員会 2004年4月~2004年9月
  • 日本機械学会 スマート構造システムの将来技術と実用化に関する研究会 委員 2007年10月~現在
  • 第11回「運動と振動の制御」シンポジウムMoViC2009実行委員 2008年8月~2009年9月
  • 日本機械学会 機械力学・計測制御部門講演会D&D2013、第13回「運動と振動の制御」シンポジウムMoViC2013(合同開催)開催地側担当委員 2012年9月~2013年9月
  • The 12th International Conference on Motion and Vibration Control (MoViC2014) Program Committee Member 2013年10月~2014年8月
  • 日本機械学会九州支部第68期商議員 2015年3月1日~2016年2月28日
  • 日本機械学会2016年度年次大会 実行委員会 委員 2015年4月24日~2016年9月
  • 第59回自動制御連合講演会 実行委員 2015年10月~2016年11月
  • 日本機械学会九州支部第69期商議員 2016年3月1日~2017年2月28日