教員紹介

福永 良浩

教員詳細

福永 良浩
教授
福永 良浩 FUKUNAGA YOSHIHIRO
所属 商学部 経営・流通学科
学位 博士(情報工学)
ホームページ

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    教育工学、 情報工学

  • 研究テーマ

    学習者の動機づけを高めるための支援システムに関する研究

担当科目

情報管理論、情報システム設計、情報システム設計演習、パソコン演習、表計算演習、経営情報システム論、コンピュータ総合演習(前期集中)、基礎ゼミナール、ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

学生のみなさんへのメッセージ

長い様で短く感じる4年間ですので、高い専門性と幅広い教養を身につけて、自身が持続可能な社会に貢献できるように何事も興味・関心を持ってがんばっていきましょう。

学歴

2006年3月 九州工業大学大学院情報工学研究科博士後期課程修了博士後期課程修了

研究業績

著書

  • 『マネジメントのためのICT基礎講座』 共著 2015年4月 晃洋書房 ◎福永良浩、木下和也、赤松貴文、山本浩貴、坂本健成 序文、第1・2・3・6(一部)・7章担当
  • 『ITセミナー』 共著 2013年5月 ふくろう出版 九州ICT教育委員会(山田啓一、木下和也、◎福永良浩、赤松貴文、山本浩貴、坂本健成) 第3(一部)・7章担当
  • 『激変する現代の小売流通』 共著 2013年4月 五絃舎 柳純、伊部泰弘、松井温文、菊池一夫、鈴木雄也、安孝淑、◎福永良浩、今光俊介、長谷川健二、柯麗華、日野隆生 第7章担当
  • 『持続可能な社会をつくる実践学-岩手大学からの発信-』 共著 2010年4月 岩手日報社 山崎憲治、中村哲雄、鈴木重男、太田祖電、伊達勝身、本田敏秋、八重樫真純、鈴木宏延、柴田和子、万澤安央、松田陽二、邨野善義、坂内孝三、工藤一博、吉成信夫、池田 友敬、◎福永良浩 272-284
  • 『e-Learning教材への下線引きによる読解支援に関する研究』 単著 2006年5月 雄松堂出版 全80
  • 『情報科学(改訂版)』 共著 2005年12月 ふくろう出版 山田啓一・赤松貴文・◎福永良浩・山本浩貴・佐々木彰治 29-69
  • 『情報科学』 共著 2003年4月 西日本法規出版 山田啓一、山本浩、赤松貴文、佐々木彰治、◎福永良浩 29-50,109-122

論文

  • 電子商取引における情報セキュリティに関する研究(査読付き) 単著 2018年3月 日本産業科学学会研究論叢(23巻) 89-93
  • 『経営学部におけるソーシャルメディアの利用実態調査および活用』 共著 2014年12月 九州産業大学 総合情報基盤センターCOMMON(34巻) ◎福永良浩、池田大樹、福田馨 34-50
  • 『ソーシャルメディアが電子商取引に与える影響』 単著 2014年7月 九州産業大学経営学論集(25巻1号) 19-29
  • 『通信制高等学校における情報システム活用の可能性』 共著 2013年12月 九州産業大学 総合情報基盤センターCOMMON(33巻) 池田大樹、◎福永良浩 64-67
  • 『越境電子商取引の現状と課題』 共著 2013年12月 長崎県立大学経済学部論集(47巻3号) 西道彦、◎福永良浩 1-14
  • 『Forecasting of FX-Trading with Consideration for the Impact of News』(Refereed Papers) 共著 2013年9月 2013 EUROSIM Congress on Modelling and Simulation(IEEE) Kimihisa KAWABATA, Hitosh TAKATA, ◎Yoshihiro FUKUNAGA 64-67
  • 『スマートフォンを活用したプレゼンテーション方法の提案』(査読付き) 単著 2012年3月 日本産業科学学会研究論叢(17巻) 47-51
  • 『教育機関におけるスマートフォンの活用に関する研究』 単著 2011年12月 九州産業大学 総合情報基盤センターCOMMON(31巻) 28-35
  • 『複合機のスキャナー機能とマクロを活用した成績処理の効率化』 単著 2011年3月 九州産業大学 経営学論集(21巻4号) 25-47
  • 『オープンソースCMSを活用した学部Webサイトの構築』 共著 2010年11月 九州産業大学 総合情報基盤センターCOMMON(30号) ◎福永良浩、福田馨 35-42
  • 『学習者の動機付けを高める学習支援システムに関する研究』 単著 2010年4月 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書(若手B),独立行政法人日本学術振興会 全4
  • 『Implementation and Effectiveness of a Feedback Feature in Underlining to Promote Reading Comprehension of e-Learning Instructional Materials』(Refereed Papers) 共著 2009年10月 Journal of Japan society for educational Technology(32巻) ◎Yoshihiro FUKUNAGA, Tsukasa HIRASHIMA, Akira TAKEUCHI 21-28
  • 『大学教育活動の体験型PR手法を取り入れたBlog構築』 共著 2009年4月 岩手大学技術部報告(2号) 藤崎聡美・志田寛・◎福永良浩・三木敦朗 17-19
  • 『e-Learning教材における読解促進を目的とした下線引き活動に対するフィードバック機能の実現とその効果』(査読付き) 共著 2005年12月 日本教育工学会論文誌(29巻3号) ◎福永良浩,平嶋宗,竹内章 231-238
  • 『Implementation and Effectiveness of a Feedback Feature in Underlining to Promote Reading Comprehension of e-Learning Instructional Materials』(Refereed Papers) 共著 2005年12月 2005 Asia-Pacific Society for Computers in Education(APSCE) Yoshihiro FUKUNAGA, Tsukasa HIRASHIMA, Akira TAKEUCHI 99-106
  • 『e-Learning教材における読解促進のための支援システムの開発と実践』 共著 2005年10月 電子情報通信学会信学技報(ET2005-10)(105巻47号) ◎福永良浩、平嶋宗、竹内章 55-60
  • 『WEB教材内容への知識獲得の判断のためのフレームワークの提案』 単著 2005年3月 中村学園大学流通科学研究紀要(4巻2号) 65-70
  • 『Web-Based Trainingにおける教材内容への下線引き活動の学習効果』 共著 2004年9月 教育システム情報学会研究報告集(19巻3号) ◎福永良浩、竹内章、平嶋宗、國近秀信 37-42
  • 『A Scaffold Process to Facilitate Comprehension in Web-based Training』(Refereed Papers) 共著 2004年5月 2004 Information Resources Management Association(IGI Publishing) ◎Yoshihiro FUKUNAGA, Akira TAKEUCHI, Tsukasa HIRASHIMA, Hidenobu KUNICHIKA 1187-1188

国際会議関係

  • Forecasting of FX-Trading with Consideration for the Impact of News 共同 2013年9月 EUROSIM2013(United Kingdom) Kimihisa KAWABATA, Hitosh TAKATA, ◎Yoshihiro FUKUNAGA
  • Implementation and Effectiveness of a Feedback Feature in Underlining to Promote Reading Comprehension of e-Learning Instructional Material 共同 2005年11月 ICCE2005(Singapore) ◎Yoshihiro FUKUNAGA, Tsukasa HIRASHIMA, Akira TAKEUCH
  • A Scaffold Process to Facilitate Comprehension in Web-based Training 共同 2004年5月 IRMA 15th Annual International Conference(New Orleans) ◎Yoshihiro FUKUNAGA, Akira TAKEUCHI, Tsukasa HIRASHIMA, Hidenobu KUNICHIKA

研究発表・報告関係

  • 電子商取引における情報セキュリティに関する研究 単独 2017年8月 日本産業科学学会第23回全国大会(中村学園大学)
  • 電子商取引における情報セキュリティに関する研究 単独 2017年6月 日本産業科学学会第1回研究会(西南学院大学)
  • スマートフォンを活用したプレゼンテーション方法の提案 単独 2011年7月 第17回全国大会(愛知学院大学)(日本産業科学学会)
  • スマートフォンを活用したプレゼンテーション方法の提案 単独 2011年6月 第2回研究会(九州産業大学)(日本経営工学会)
  • スマートフォンを活用したプレゼンテーション方法の提案 単独 2010年12月 第2回研究会(日本文理大学)(日本産業科学学会九州部会)
  • 学習者の動機付けを高める学習支援システムに関する研究 単独 2008年10月 第24回全国大会(上越教育大学)(日本教育工学会)
  • 学習者の動機付けを高める学習支援システムに関する研究 単独 2008年9月 第33回全国大会(熊本大学)(教育システム情報学会)
  • e-ラーニングにおける学習支援方法 共同 2007年11月 平成19年度いわて産学連携フォーラム(県民情報交流センター) ◎福永良浩、平嶋宗、竹内章
  • e-Learning教材への下線引きによる読解支援 共同 2006年2月 新技術説明会(独立行政法人科学技術振興機構:JST)(大阪科学技術センター) ◎福永良浩,平嶋宗,竹内章
  • e-Learning教材における読解促進を目的とした支援システムの開発と実践 共同 2005年9月 第53回年次大会(工学・工業教育研究講演会) 日本工学教育協会(広島大学) ◎福永良浩、平嶋宗、竹内章
  • e-Learning教材における読解促進のための支援システムの開発と実践 共同 2005年5月 第47回 先進的学習科学と工学研究会電子通信情報学会(SIG-ALST)(電気通信大学) ◎福永良浩、平嶋宗、竹内章
  • 意識と被写界深度の関係 共同 2004年9月 日本感性工学会第6回全国大会(工学院大学) 姉川正紀、◎福永良浩、田所耕哉
  • Web-Based Trainingにおける教材内容への下線引き活動の学習効果 共同 2004年9月 教育システム情報学会2004年度第3回研究会(静岡大学) ◎福永良浩、竹内章、平嶋宗、國近秀信
  • Web-Based Trainingにおける教材内容への学習者の下線引きの影響 共同 2004年8月 教育システム情報学会第29回全国大会(香川大学) ◎福永良浩、竹内章、平嶋宗、國近秀信
  • Web-Based Trainingにおける重要概念支援システムの開発 共同 2004年7月 平成16年度全国大学情報教育方法研究発表会 社団法人私立大学情報教育協会(東京私学会館) ◎福永良浩、竹内章、平嶋宗、國近秀信、姉川正紀、田所耕哉
  • 大学における携帯電話の利用実態調査報告 共同 2003年12月 NTTドコモ九州(薬院ドコモビル) 片山富弘、◎福永良浩
  • 大学教育におけるe-Learning 共同 2002年11月 フクオカ・サイエンスマンス2004(中村学園大学) 神品光弘、◎福永良浩
  • e-Learningにおける産学連携型ビジネスモデル 共同 2002年11月 経営情報学会2002年度秋季全国研究発表大会(北陸先端科学技術大学大学院) ◎福永良浩、神品光弘
  • ITを利用した農産物流通システム 共同 2002年10月 経営情報学会九州支部第2回大会(中村学園大学) マイケル・ホール、◎福永良浩
  • 大学におけるe-Learningの適用と中村学園大学における事例 共同 2002年8月 2002FQS人材育成フォーラム(富士通R&Dセンター福岡) 神品光弘、◎福永良浩

研究費・研究助成等

  • キットビルド方式による概念マップのインタラクティブ化に関する研究(基盤研究(B)) 分担 2009年4月~2011年3月 研究課題番号:21300310 平嶋宗(代表)、舟生日出男(分担)、堀口知也(分担)、◎福永良浩(分担)
  • 学習者の動機付けを高める学習支援システムに関する研究(若手研究(B)) 単独 2008年4月~2009年3月 研究課題番号:20700630
  • 大学教育活動を体験的にPRするための戦略的Blog構築に関する研究 代表 2008年4月~2009年3月 岩手大学萌芽的教育研究支援費 ◎福永良浩(代表)、三木敦朗(分担)、藤崎聡美(分担)

特許関係

  • e-ラーニングにおける学習支援方法 共同 2012年3月2日 特許第4934804号 竹内 章、平嶋 宗、◎福永 良浩

受賞

  • 九州産業大学 教育功績賞(平成23年度授賞) 単独 2012年4月
  • 岩手大学 全学共通教育優秀授業表彰「情報基礎(0116)」(平成21年度前期) 単独 2010年1月
  • 岩手大学 全学共通教育優秀授業表彰「情報基礎(0116)」(平成20年度前期) 単独 2009年1月
  • 岩手大学 全学共通教育優秀授業表彰「情報基礎(0118)」(平成20年度前期) 単独 2009年1月
  • 岩手大学 全学共通教育優秀授業表彰「情報基礎(0111)」(平成19年度後期) 単独 2008年7月
  • 岩手大学 全学共通教育優秀授業表彰「情報基礎(0402)」(平成18年度後期) 単独 2007年7月
  • 岩手大学 全学共通教育優秀授業表彰「情報基礎(0402)」(平成18年度前期) 単独 2006年12月

社会活動

  • 第24回日本教育工学会全国大会 セッション座長  2008年10月 セッションの座長として務めた。
  • 第53回年次大会(工学・工業教育研究講演会) 日本工学教育協会(広島県)座長  2005年8月 工学・工業教育研究講演会(セッション:e-ラーニング実践)の座長として務めた。
  • IT講習会(福岡県)  2002年7月~2005年3月 福岡市民へのコンピュータの利用推進に関して基本的なアプリケーションの操作方法(Word, Excel, PowerPoint, Access等)などについて講師として説明および実習を行った。はじめてコンピュータにふれる方もいたことから、特に丁寧な指導を心掛けた。これらの市民教育への取り組みに貢献した。

学会等および社会における主な活動

  • 教育システム情報学会 会員 2003年2月~現在
  • 日本教育工学会 会員 2004年6月~現在
  • 日本産業科学学会 会員 2010年6月~現在
  • 日本産業科学学会九州部会 部会業務幹事 2011年6月~2013年6月
  • 日本産業科学学会九州部会 理事 2013年6月~2015年6月
  • 日本産業科学学会第19回全国大会委員長 2013年8月24日~2013年8月25日
  • 日本産業科学学会九州部会 部会長 兼 理事 2015年6月~2017年6月