教員紹介

教員紹介

教員詳細情報

検索結果に戻る  印刷する

氏名 池内 秀己
かな いけのうち ひでき(IKENOUCHI HIDEKI)
所属 商学部 経営・流通学科,経営学部 国際経営学科
職名 教授
学位 商学修士 
ホーム
ページ
 
池内 秀己

専攻分野・研究テーマ

専攻分野
経営学
研究テーマ
管理の科学と哲学、日本的経営、コーポレート・ガバナンス

担当科目

経営学総論A,B、教養ゼミナール(DVDでオペラを楽しむ)

学生諸君へのメッセージ

20代を「かの神聖にして実り多き10年間」と呼んだのは,経済学者のシュンペーター。生涯で最も情熱的に仕事に打ち込むことができ,しかも成果を期待できるのがこの時です。モーツァルトもビートルズも,20代で主要な作品を作りました。この時期は,その後の人生を左右するほど重要な10年間であり,人生で2度と再び戻らない貴重な日々です。皆さんは,その最初の4年間を大学で過ごすことになります。  大学時代は,しかし,生涯で最も「自由」な時期でもあります。でも,「やりたいことをする」のが自由ではありません。「自由とは責任ある選択」と述べたのは経営学者のドラッカー。「何をすべきか」を「自ら決定」し「責任を負う」のが自由です。  「神聖にして実り多き10年間」をどう過ごすか。それはあなたの「責任ある選択」です。 最後に「楽しくなければ大学ではない。楽しいだけでは大学ではない!」

学歴

1975年3月
山口県立下関西高校卒業
1980年3月
上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業(文学士)
1982年3月
慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)
1986年3月
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学

研究業績

 著書

  • 企業論(第3版) 共著 2011年4月 有斐閣 三戸浩,勝部伸夫 173頁~277頁

 論文

  • 企業社会とイノベーション -家型企業・家型社会は変容したか- 単著 2010年9月 日本経営学会編『経営学論集79 日本企業のイノベーション』千倉書房 10頁~16頁
  • 日本的経営の原理・構造・制度 単著 2009年 『経営行動研究年報』第18号,経営行動研究学会
  • 企業観・企業変容・経営哲学-コーポレート・ガバナンス論における『企業観』の位相- 単著 2008年8月 経営哲学学会『経営哲学』第5巻第1号  29頁~35頁
  • 「ウェーバー」「.サイモン」中野・貞松・勝部・嵯峨編 単著 2007年 『はじめて学ぶ経営学』ミネルヴァ書房
  • コーポレート・ガバナンスと日本的経営 単著 2007年8月 経営哲学学会『経営哲学論集』第23集 191頁~193頁
  • 日本的賃金をどう捉えるか-年功賃金・所属型賃金・企業規模別賃金 単著 2007年3月 九州産業大学経営学会『経営学論集』第17巻第3・4号平成19年3月 39頁~55頁
  • ウェーバー理論と随伴的結果 単著 2007年3月 九州産業大学経営学会『経営学論集』第17巻第3・4号平成19年3月 57頁~71頁

 学会関係

  • コーポレート・ガバナンスと大学ガバナンス 単独 2015年9月3日 日本経営学会第89回大会(熊本学園大学)(日本経営学会(熊本学園大学))
  • 社会的責任経営とコーポレート・ガバナンス 単独 2015年8月9日 経営行動研究学会第25回全国大会(中央学院大学)(経営行動研究学会(中央学院大学))
  • 大学ガバナンスの意義と課題-コーポレート・ガバナンス論の視点から 単独 2015年4月18日 日本経営学会九州部会例会(九州大学)(日本経営学会九州部会(九州大学))

検索結果に戻る  印刷する

ページの先頭へ