教員紹介

大日方 欣一

教員詳細

大日方 欣一
教授(学科主任)
大日方 欣一 OBINATA KINICHI
所属 芸術学部 写真・映像メディア学科
学位 学術修士
ホームページ

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    美学・芸術諸学、 美術史

  • 研究テーマ

    写真文化史, 20世紀の芸術運動と写真, 地域映像アーカイブの構築に関する研究, 写真家大辻清司のアーカイブ構築

担当科目

ゼミナール, 写真作品論, 写真制作特定演習, 写真史, 国内作家研究, 国外作家研究, 基礎ゼミナール, 画像形成論

学生のみなさんへのメッセージ

さまざまな時代、さまざまな国や地域で表現活動にとりくんだ、すぐれた写真家たちの仕事に出会い、思うぞんぶん味わい、新たな創造へのヒントとエネルギーを学びとっていくことにしましょう。写真や映像メディアによる表現について、各々のかかえる課題について、ことばを交わし、一緒に考え、日々対話をかさねていきましょう。表現を志す者として、わたしも若いみなさんから学び、ともに成長していきたいと強く願っています。

学歴

1984年3月 筑波大学第二学群比較文化学類卒業
1991年3月 筑波大学芸術学研究科芸術学博士後期課程単位取得満期退学

研究業績

著書

  • 武蔵野美術大学 美術館・図書館 所蔵 大辻清司アーカイブ フィルムコレクション3 アトリエ訪問 単著 2019年3月31日 武蔵野美術大学 美術館・図書館 大日方欣一 06-97
  • 武蔵野美術大学 美術館・図書館 所蔵 大辻清司アーカイブ フィルムコレクション2 人間と物質 単著 2018年3月31日 武蔵野美術大学 美術館・図書館 大日方欣一 06-97
  • 武蔵野美術大学 美術館・図書館 所蔵 大辻清司アーカイブ フィルムコレクション1 舞台芸術 単著 2017年3月31日 武蔵野美術大学 美術館・図書館 大日方欣一 10-77
  • 武蔵野美術大学美術館・図書館所蔵作品目録 大辻清司 単著 2016年3月 武蔵野美術大学美術館・図書館
  • 予兆 Koji Enokura Photo Works 1969-1994 共著 2015年4月 東京パブリッシングハウス 榎倉康二、熊谷伊佐子、大日方欣一 238 -243
  • 今井祝雄タイムコレクション 共著 2015年2月 水声社 今井祝雄 大日方欣一
  • 126 POLAROID さよならからの出会い 共著 2010年8月 赤々舎 萩原朔美 神林優 白井晴幸 大日方欣一 他
  • 日本の写真家101 共著 2008年5月 新書館 飯沢耕太郎 大日方欣一 他
  • 大辻清司の写真-出会いとコラボレーション 共著 2007年6月 フィルムアート社 光田由里 大日方欣一
  • 事物と気配-大辻清司の写真 共著 2006年10月 佐谷画廊 大日方欣一 他
  • カラー版世界写真史 共著 2004年8月 美術出版社 飯沢耕太郎 増田玲 倉石史乃 大日方欣一 他
  • gen-掛川源一郎が見た戦後北海道 共著 2004年4月 北海道新聞社 掛川源一郎 吉田ルイ子 山口昌男 大日方欣一 他
  • 大辻清司の仕事1946-1999 共著 2000年1月 モール 大辻清司 大日方欣一
  • 世界の写真家101 共著 1997年10月 新書館 大島洋 多木浩二 大日方欣一 他
  • 記録される都市と時代 共著 1994年6月 洋泉社 大島洋 生井英考 多木浩二 大日方欣一 他

論文

  • 慰藉と対峙/内と外―榎倉康二の写真をめぐるメモ― 単著 2017年9月11日 「榎倉康二―SKIN-」展リーフレット 東京パブリッシングハウス発行
  • 写真家野村佐紀子に捧げる20の断章 単著 2017年9月8日 卒業生―プロの世界-vol.7 野村佐紀子写真展 図録Ⅱ(九州産業大学美術館発行) 大日方欣一 25-65
  • ひと函の過去から:大辻清司アーカイブ中間報告 単著 2017年6月1日 日本写真年鑑2017 大日方欣一 191-195
  • かたちとシミュレーション-北代省三の冒険 単著 2014年11月 川崎市岡本太郎美術館展覧会図録『かたちとシミュレーション』 8-14
  • 影像から/影像へ-初期実験工房の探求 単著 2013年1月 神奈川県立近代美術館ほか巡回展図録『実験工房展:戦後芸術を切り拓く』 40-43
  • 具体と大辻-1956-7年の遭遇をめぐって 単著 2012年8月 『大辻清司「具体1956-1957」をめぐって』東京パブリッシングハウス刊 25-35
  • 写真による芸術家の表象-ナダールからスタイケンまで 単著 2012年4月 三鷹市美術ギャラリー展覧会図録『芸術家の肖像:写真で見る19世紀、20世紀フランスの芸術家たち』 3-9
  • 実験工房における複製技術-北代省三、大辻清司を中心に 単著 2010年11月 西澤晴美編『ドキュメント実験工房 2010』東京パブリッシングハウス刊 25-30
  • APNについて 単著 2007年7月 『実験工房とAPN展』Fuji Xerox Art Space発行
  • 熊谷孝太郎の写真をめぐって 単著 2007年6月 写真集『はこだて記憶のまち』モール刊 2-6
  • 黙示-新正卓論 単著 2006年12月 新正卓写真集『黙示』武蔵野美術大学出版局刊 6-18
  • 牛腸と大辻-1968年前後の対話をめぐって 単著 2004年9月 『牛腸茂雄作品集成』共同通信社刊 239-253

翻訳・訳書関係

  • ナオミ・ローゼンブラム著『写真の歴史』 共著 1998年5月 美術出版社 飯沢耕太郎 増田玲 井口寿乃 大日方欣一 他
  • アレキサンダー・ドルナー著『「美術」を超えて』 共著 1992年2月 勁草書房 嶋田厚 天貝義教 大日方欣一
  • ピーター・ガラシ著「写真以前-絵画と写真の発明」 共著 1991年 BT10月-12月号連載 美術出版社 山梨絵美子 大日方欣一

書評・論評・批評 等

  • 50年目の写真いま、ここに-関口正夫とミウラカズトー 単著 2018年6月2日 ギャラリーヨクト(東京都新宿区四谷)
  • 書評「久留島幸子・高橋則英・山家浩樹編『文化財としてのガラス乾板-写真が紡ぎなおす歴史像』」 単著 2018年4月1日 雑誌「日本歴史」吉川弘文館 101-103

解説・総説関係

  • 12氏の「写真ベスト3」 単著 2017年6月1日 日本写真年鑑2017 大日方欣一 165
  • 大日方欣一の8冊 単著 2017年6月1日 日本写真年鑑2017 大日方欣一 154-156
  • 写真家大辻清司-4つの声のアーカイヴ 共著 2008年7月 『写真年鑑』日本カメラ社刊 大辻誠子 戸村浩 高梨豊 大日方欣一 175-184
  • 写真を味わう12ヶ月 共著 2006年 日本カメラ1月-12月号連載 飯田鉄 大日方欣一
  • メディア写真論・注解 共著 2005年10月 佐野寛著『メディア写真論』パロル舎刊 小寺規古 大日方欣一 423-474

寄稿関係

  • 大学の写真学科・写真専門学校で何を学ぶか 九州産業大学芸術学部写真・映像メディア学科 単著 2019年3月15日 写真専門部(高等学校文化連盟全国写真専門部)(21号) 大日方欣一 58-59
  • 『自然の鉛筆』再読:最初の写真探究者トルボットは、写真になにを見たか 単著 2017年2月 グラフィケ―ション(8号) 大日方欣一 0601-0606

国際会議関係

  • Avant-Garde Magazine Circulation in Japan in 1950s. 単独 2018年4月26日 APN Workshop Zurich(Kunsthalle Zurich)

講演関係

  • 「行為する映像」(美術家今井祝雄氏との公開対話) 共同 2019年4月12日 「今井祝雄-行為する映像」展(アートコートギャラリー(大阪市北区)) 大日方欣一、今井祝雄
  • 森下大輔「asterism」をめぐって(写真家森下大輔氏との公開対話) 共同 2018年12月1日 森下大輔「asterism」展(Gallery Main(京都市下京区麩屋町通五条上ル下鱗形町543-2F)) 大日方欣一、森下大輔
  • 阿部明子「てさぐりのかたち」、酒井佑「Horizont」をめぐって(仙台写真月間の公開対話) 共同 2018年10月27日 仙台写真月間(仙台アーティストランプレイス(宮城県仙台市青葉区錦町1-12-7門脇ビル1F)) 大日方欣一、阿部明子、酒井佑
  • 松岡美紀「Space]をめぐって(写真家松岡美紀氏とのトークイベント)。 共同 2018年8月11日 松岡美紀写真展「Space](TOTEM POLE PHOTOGALLERY (東京都新宿区四谷四丁目22 第二富士川ビル1F)) 大日方欣一、松岡美紀
  • 写真家大辻清司について 共同 2018年4月26日 チューリッヒ「APN]ワークショップ(チューリッヒ芸術大学) 冨安隼久、大日方欣一
  • 写真アーカイブの実践 単独 2017年12月17日 札幌市立大学公開講座「北海道写真とアーカイブ」(札幌市立大学) 大日方欣一
  • 野村佐紀子写真展をめぐって(写真家野村佐紀子氏との公開対談) 共同 2017年9月9日 九州産業大学美術館アーティストトーク(九州産業大学美術館) 野村佐紀子、大日方欣一
  • 内田芳信写真展「海峡の花」をめぐって(写真家内田芳信氏との対談) 共同 2016年10月1日 内田芳信写真展「海峡の花」(ギャラリーUMIE+) 内田芳信
  • 歴史する(写真家田代一倫氏との対談) 共同 2016年8月7日 福岡市美術館企画展「歴史する! DOING HISTORY」(福岡市美術館) 田代一倫
  • 「リフレクション展」ギャラリートーク 共同 2015年12月12日 表参道画廊(東京都渋谷区)(リフレクション展(ディレクター:湊雅博)) 由良環、田山湖雪、榎本千賀子、阿部明子、大日方欣一
  • 対談「1970年代の写真状況について」 共同 2015年5月31日 エスパス・ビブリオ(東京都千代田区神田駿河台)(エスパス・ビブリオ) 高梨豊、大日方欣一
  • 今井祝雄タイムコレクションをめぐって 共同 2015年2月 今井祝雄TimeCollection展イベント(ユミコチバ・アソシエイツ) 今井祝雄 大日方欣一
  • 地理、季節、人々… 共同 2015年2月 山下隆博写真展「これまでのつづき」イベント(space dike) 山下隆博 大日方欣一
  • 奇術・幻影・記録-「どろん景」の世界 共同 2014年12月 白井晴幸個展「どろん景」イベント(神奈川県立相模湖交流センター・アートギャラリー) 白井晴幸 大日方欣一
  • 写真とコミュニティ-角田勝之助の写真をめぐって 共同 2014年9月 地域映像アーカイブ-大学と地域、新たな連携による映像展示「村の肖像Ⅰ&Ⅱ・展」(新潟大学地域映像アーカイブ) 大倉宏 榎本千賀子 原田健一 大日方欣一
  • 掛川源一郎の眼差しを巡って 共同 2014年8月 札幌国際芸術祭2014(創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会) 楠本亜紀 大日方欣一
  • 北代省三とグラフィック集団 単独 2014年1月 川崎市岡本太郎美術館「かたちとシミュレーション」展講演会(川崎市岡本太郎美術館)
  • 北代省三の写真 単独 2013年12月 川崎市岡本太郎美術館「かたちとシミュレーション」展講演会(川崎市岡本太郎美術館)
  • 模型・影像・インターメディア-いまなぜ実験工房か? 単独 2013年7月 富山県立近代美術館「実験工房展」講演会(富山県立近代美術館)
  • 建築写真の内と外 共同 2013年7月 『多木浩二と建築』刊行記念イベント(研究誌「建築と日常」) 山田脩二 長島明夫 大日方欣一
  • 実験工房を語る 単独 2013年4月 いわき市立美術館「実験工房展」講演会(いわき市立美術館)
  • 実験工房の写真と映像 単独 2013年1月 神奈川県立近代美術館「実験工房展」講演会(神奈川県立近代美術館)
  • 大辻清司の仕事―思考のオルガノンとして 共同 2012年7月 「大辻清司フォトアーカイブ」展イベント(武蔵野美術大学美術館図書館) 大嶋浩 大日方欣一
  • 大辻清司のまなざし 共同 2012年5月 「大辻清司フォトアーカイブ」展イベント(武蔵野美術大学美術館図書館) 畠山直哉 高梨豊 大日方欣一
  • 写真の変容について 共同 2011年5月 飯田鉄写真展「二つに分かれる小道のある庭」イベント(トーテムポールギャラリー) 飯田鉄 大日方欣一
  • 新正卓「frame&vision」について 共同 2009年5月 新正卓個展「frame&vision」イベント(東京画廊) 新正卓 田中正之 大日方欣一
  • スナップショットの時間 共同 2008年9月 関口正夫・三浦和人写真展イベント(三鷹市美術ギャラリー) 関口正夫 三浦和人 大日方欣一
  • 瀧口修造と実験工房の写真 単独 2008年7月 PHOTON講演会(写真研究誌「PHOTON」)
  • 函館写真の特色とは 共同 2008年7月 写真展「函館へのまなざし」イベント(函館市教育委員会) 近江幸雄 大下智一 大日方欣一
  • ARAMASA SAKURA-作品の成り立ちについて 共同 2008年1月 新正卓個展「ARAMASA SAKURA」イベント(銀座ニコンサロン) 新正卓 大日方欣一
  • 高梨豊「初國」をめぐって 共同 2006年10月 高梨豊「初國 pre-landscape」展イベント(東京工芸大学 写大ギャラリー) 高梨豊 大日方欣一
  • スナップショット考-日常を撮る行為について 共同 2006年7月 中京大学Cスクエア「distance-関口正夫・三浦和人そして牛腸茂雄」展イベント(中京大学Cスクエア) 高梨豊 三浦和人 関口正夫 大日方欣一
  • 写真家掛川源一郎のしごとをめぐって 共同 2004年6月 北海道立文学館「写真家掛川源一郎の20世紀」展イベント(北海道新聞社) 吉田ルイ子 大日方欣一

公開講座関係

  • 異色の写真家列伝第9回:アルフレッド・スティーグリッツ「Dorothy Trueの肖像」 単独 2014年3月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第8回:長船恒利「在るもの」 単独 2013年8月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第7回:アーウィン・ブルーメンフェルド「My One Hundred Best Photos」 単独 2013年2月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第6回:大辻清司「実験室」 単独 2012年8月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第5回:大辻清司「無言歌」 単独 2012年2月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第4回:桑原甲子雄「1937年の軌跡をたどる」 単独 2011年8月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第3回:牛腸茂雄「再考牛腸茂雄」 単独 2011年2月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第2回:熊谷孝太郎「はこだて記憶の街」 単独 2010年8月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)
  • 異色の写真家列伝第1回:北代省三「未知のビジョン」 単独 2010年2月 写真の内側外側研究会課外講座(Roonee247photography)

展覧会・演奏会・競技会等の名称

  • 写真展「人間と環境」Vol.1(出品及びキュレーション) 九州産業大学 23号館、15―17号館、アート・ギャラリー他。 アート・キャンパス計画の一環として企画。研究成果にもとづくインスタレーション「古いネガから―いとうづの森1938」を展示(同年8月「水平の瞳孔」展の出品作を大幅にヴァージョンアップ)。写真・映像メディア学科の学生、OB、OGらとともに「人間と環境」を共通テーマとした作品を学内各処で展示した。 2018年12月17日~2018年12月25日
  • 写真の内側・外側研究会第2回展「水平の瞳孔」 ギャラリー・ニエプス 写真研究の成果を披露するグループ展。大日方はファウンド・フォトによるインスタレーション作品「到津の森」を展示した。 2018年8月26日~2018年9月1日
  • 九州産業大学美術館「野村佐紀子展」 九州産業大学美術館 同展覧会の展示作品選定、会場構成、図録編集を、担当学芸員中込氏と共同でおこなった。 2017年9月9日~2017年10月22日
  • 村の肖像Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 角田勝之助と村の60年 金山自然教育村会館(福島県大沼郡金山町大字玉梨) 福島県奥会津で1950年代より今日まで地域の人々の暮らしを撮影し続けているアマチュア写真家角田勝之助氏の撮影原板(ネガフィルム)を調査し、生活史の史料として価値が高く、芸術表現としてもすぐれた内容をもつその作品世界を明るみにだす展示企画をおこなった。新潟大学人文学部の原田氏、榎本氏との共同研究にもとづく。大日方が展示キュレーションをおこなった。 2015年8月10日~2015年8月20日
  • ロスト・ナンバー・アップデイト エスパス・ビブリオ(東京都千代田区神田駿河台1丁目) 1970年代に発行されていた写真同人誌「number」(島尾伸三、上松恵武、川島敏生ほか)のスナップショットによる表現を再検証する展覧を試みた。 2015年5月28日~2015年6月3日
  • グループ展「反芻するけもの」 ギャラリーw(小石川) 写真の内側外側研究会メンバーによるグループ展。立体模型による写真展プランを出品。 2014年9月2日~2014年9月7日
  • 影像2013展 世田谷美術館区民ギャラリー 現代写真の新たな動向をあつかうグループ展をキュレーション。参加作家は赤土翔一、潮田登久子、小平雅尋、湊雅博、田山湖雪、白井晴幸、宇田川俊之、下平竜矢、齋藤さだむ、行竹亮太、廣瀬育子、平松伸吾、三浦和人、松本美枝子、坂口トモユキ他。 2013年11月27日~2013年12月1日
  • かたちとシミュレーション―北代省三の写真と実験 川崎市岡本太郎美術館 北代省三の写真・映像作品を包括的にとりあげる展示のキュレーションに参画、作品選定、空間構成、図録執筆等。 2013年10月19日~2014年1月13日
  • 大辻清司フォトアーカイブ―写真家と同時代芸術の軌跡 武蔵野美術大学美術館図書館 武蔵野美術大学が所蔵する写真家大辻清司の生涯にわたる作品、諸資料を体系的に紹介する展示を監修。キュレーション全般を担当。 2012年5月14日~2012年6月23日
  • 大辻清司の写真―出会いとコラボレーション 渋谷区立松濤美術館 写真家大辻清司の主要作品を通覧する回顧展のキュレーションに参画、作品選定、空間構成、図録執筆等。 2007年6月5日~2007年7月16日
  • グループ展「126 POLAROID ‐さよならからの出会い」 横浜美術館 多摩美術大学映像演劇学科研究室が企画したポラロイドフィルムによる作品展に出品。 2010年8月7日~2010年8月29日