教員紹介

村田 光昭

教員詳細

村田 光昭
准教授
村田 光昭 MURATA MITSUAKI
所属 理工学部 機械工学科
学位 博士(工学)
ホームページ

専攻分野・研究テーマ

  • 専攻分野

    切削加工、計測・制御

  • 研究テーマ

    工具寿命検出、切削現象のインプロセス計測

担当科目

キャリア開発演習, 機械工作実習, 機械材料, 設計製図

学生のみなさんへのメッセージ

皆さんにしかできない柔軟な考え方が、これからの日本のものづくりには必要不可欠です。社会に出たときに、その考えを機械工学の分野で十分に生かせるよう学生生活を送ってください。ここで学んだことは必ず役に立ちます。

学歴

1993年3月 職業訓練大学校生産機械工学科卒業
1995年3月 職業能力開発大学校工学研究科機械専攻修士課程修了
2013年9月 九州大学大学院工学研究科機械工学専攻博士後期課程修了

研究業績

著書

論文

  • Machinability of SMART Forged Materials in Intermittent Cutting(Refereed Papers) 共著 2018年3月30日 International Journal of Materials Science and Engineering(6巻1号) Mitsuaki Murata, Makoto Hino, Ryoichi Kuwano and Syuhei Kurokawa 1-9
  • In-Process Tool Wear Detection of Uncoated Square End Mill Based on Electrical Contact Resistance(Refereed Papers) 共著 2016年8月 International Journal of Automation Technology(10巻5号) Amine Gouarir, Syuhei Kurokawa, Takao Sajima and Mitsuaki Murata 767-772
  • Real-time Evaluation of Tool Wear Detection System under Wet Machining Based on Electrical Contact Resistance(Refereed Papers) 共著 2016年5月 Proceedings of the 16th International Conference of the European Society for Precision Engineering and Nanotechnology Amine Gouarir, Syuhei Kurokawa, Takao Sajima, Mitsuaki Murata 311-312
  • In-process tool wear detection of square end mill based on DC two terminal method(Refereed Papers) 共著 2015年10月21日 Proceedings of The 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century(D07巻1504号) Amine Gouarir, Syuhei Kurokawa, Mitsuaki Murata, Takao Sajima, Tetsuya Torii 1-9
  • Performance Analysis of High Speed Tool Wear Detection System based on DC Two Terminal Methods(Refereed Papers) 共著 2014年5月 Proceedings of The 5th International Symposium on Advanced Control of Industrial Processes 2014(USB-Storage巻) Amine GOUARIR, Syuhei KUROKAWA, Mitsuaki MURATA, Hiroaki FUJIWARA 438-443
  • In-process Tool Flank Wear Detection by Using Changes in the Tool-Work Electrical Contact Resistance(Refereed Papers) 共著 2013年8月 Journal of Chinese Society of Mechanical Engineers(34巻4号) Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA and Osamu OHNISHI 341-351
  • 工具・被削材間接触電気抵抗変化による正面フライス工具摩耗のインプロセス検出(査読付き) 共著 2013年7月 日本機械学会論文集(C編)(79巻803号) 村田光昭,黒河周平,大西修,土肥俊郎 307-318
  • Development of High Speed Tool Wear Detection System by using DC Two-Terminal Methods(Refereed Papers) 共著 2013年3月 Proceedings of The 9th Cooperative and Joint international conference on Ultra-precision Machining Process Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA, Osamu OHNISHI and Toshiro DOI 72-76
  • Tool Flank Wear Estimation in Face Milling by Holm's Contact Theory(Refereed Papers) 共著 2012年10月 Proceedings of The International Conference on Manufacturing Process Technology 2012 Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA, Osamu OHNISHI and Toshiro DOI 1-2
  • Real-Time Evaluation of Tool Flank Wear by In-Process Contact Resistance Measurement in Face Milling(Refereed Papers) 共著 2012年8月 Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing(34巻4号) Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA, Osamu OHNISHI, Michio UNEDA and Toshiro DOI 958-970
  • In-process Tool Flank Wear Detection in Intermittent Cutting Process by Face Milling(Refereed Papers) 共著 2011年11月 Proceedings of The 6th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA, Osamu OHNISHI, Michio UNEDA and Toshiro DOI 1-6
  • Characteristics of Thermo-Electromotive Force, Electric Current and Electric Resistance in Intermittent Cutting Process by Face Milling(Refereed Papers) 共著 2011年8月 Advanced Materials Research(314-316巻) Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA, Osamu OHNISHI, Toshiro DOI and Michio UNEDA 1075-1078
  • 共同研究「ソケット圧入方向識別装置の開発」の取り組みについて(査読付き) 共著 2009年9月 京都職業能力開発短期大学校紀要(22号) 村田光昭,瀧田大亮,中村典正,廻文広,山口力,遠藤和芳,恩田邦夫 5-8
  • 超弾性合金細線の接合に関する技術支援(査読付き) 共著 2008年2月 北海道職業能力開発大学校紀要(25号) 廻文広,瀧田大亮,中村典正,村田光昭,上村友弘,福地正明 27-34
  • 近隣企業の生産工程自動化装置の開発事例 共著 2007年5月 技能と技術(42巻246号) 村田光昭,廻文広,中村典正,瀧田大亮,山口力,遠藤和芳,恩田邦夫 39-44
  • 実践報告 ロボット・トライアスロン大会参戦記 共著 2007年1月 技能と技術(42巻242号) 恩田邦夫,上村友弘,村田光昭 24-27
  • ポリテクロボット競技会への取り組み 単著 2003年4月 技能と技術(38巻221号) 12-15
  • 正面フライス工具の摩耗と熱電気特性(査読付き) 共著 1998年8月 精密工学会誌(64巻6号) 広田平一,村田光昭,小島篤,柳原聖 1191-1195

口頭発表

  • Cutting Machinability of SMART Forged Materials in Intermittent Cutting 共同 2018年2月 2018 International Conference on Power, Energy and Mechanical Engineering Mitsuaki Murata, Makoto Hino, Ryoichi Kuwano and Syuhei Kurokawa
  • エンドミル工具摩耗のインプロセス検出に関する研究 -ボールエンドミルにおける摩耗検出結果について 共同 2017年3月14日 日本機械学会 九州支部第70期総会・講演会 鳥居哲也,Gouarir Amine,村田光昭,黒河周平,松川洋二,林照剛
  • エンドミル工具摩耗のインプロセス検出に関する研究 -ボールエンドミルにおける切れ刃接触状態と検出信号について 共同 2016年12月10日 2016年度精密工学会九州支部北九州地方講演会 鳥居哲也,Gouarir Amine,黒河周平,松川洋二,林照剛,村田光昭
  • エンドミル工具摩耗のインプロセス検出に関する研究 ―ボールエンドミルにおける検出信号について― 共同 2016年3月15日 日本機械学会 九州支部第69期総会・講演会(日本機械学会九州支部) 鳥居哲也,村田光昭,Gouarir Amine,黒河周平,松川洋二,林照剛
  • エンドミル工具摩耗のインプロセス検出に関する研究 -検出結果の切削速度非依存性について 共同 2015年12月5日 2015年度精密工学会九州支部飯塚地方講演会(精密工学会九州支部) 鳥居哲也,村田光昭,Gouarir Amine,黒河周平,林照剛,松川洋二
  • 工具摩耗のインプロセス検出におけるチップブレーカおよび切削油による影響 共同 2014年3月 日本機械学会九州支部第67期総会・講演会(日本機械学会九州支部) 藤原宏彰, 黒河周平,村田光昭,Amine GOUARIR
  • 工具摩耗のインプロセス検出における切れ刃コーティングの影響 共同 2013年12月 2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会(精密工学会九州支部) 藤原宏彰, 黒河周平,村田光昭,Amine GOUARIR
  • 直流2端子法による工具・被削材間接触電気抵抗のインプロセス測定 共同 2013年3月 日本機械学会九州支部第66期総会・講演会(日本機械学会九州支部) 村田光昭,黒河周平,大西修,永田晃大,土肥俊郎
  • Estimation of the Progress of Tool Flank Wear by the Change of Tool-work Contact Resistance in Face Milling 共同 2012年10月 Work shop in Gyeongsang National University(Gyeongsang National University) Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA, Osamu OHNISHI and Toshiro DOI
  • 工具・被削材間接触電気抵抗変化を利用したフライス工具摩耗の推定 共同 2012年3月 日本機械学会九州支部第65期総会・講演会(日本機械学会九州支部) 村田光昭,黒河周平,大西修,畝田道雄,土肥俊郎
  • 工具・被削材間接触電気抵抗変化によるフライス工具摩耗のインプロセス検出 共同 2011年12月 2011年度精密工学会九州支部大分地方講演会(精密工学会九州支部) 村田光昭,黒河周平,大西修,土肥俊郎,畝田道雄
  • フライス工具摩耗のインプロセス検出 –工具・被削材間熱起電力の電圧・電流特性- 共同 1995年9月 1995年度精密工学会秋季大会学術講演会(精密工学会) 村田光昭,広田平一

受賞

  • EXCELLENT PAPER AWARD (Development of High Speed Tool Wear Detection System by using DC Two-Terminal Methods) 共同 2013年3月 The 9th Cooperative and Joint international conference on Ultra-precision Machining Process 2013 Mitsuaki MURATA, Syuhei KUROKAWA, Osamu OHNISHI and Toshiro DOI

学会等および社会における主な活動

  • 精密工学会 2010年11月~現在
  • 日本機械学会 2011年4月~現在