教員紹介

教員紹介

教員詳細情報

検索結果に戻る  印刷する

氏名 大宅 明美
かな おおや あけみ(OOYA AKEMI)
所属 経済学部 経済学科
職名 教授
学位 博士(文学) 
ホーム
ページ
 

専攻分野・研究テーマ

専攻分野
ヨーロッパ史・アメリカ史、 経済史、 フランス都市史、商業史
研究テーマ
現在の世界経済における諸問題とその歴史的背景

担当科目

経済史

学生諸君へのメッセージ

世の中の色々な現象、出来事に関心と好奇心を持ちましょう。外国の戦争など自分に関係ない、と思っていませんか。世界の諸地域は互いに強く結びついています。一見自分たちとは関連がないように見える事象も、実は我々の生活に大きな影響をもたらしているのです。歴史や世界経済を勉強すればするほど、「よそのことだから自分に関係ない」と思わなくなっていくはずです。

学歴

1990年4月
ポワチエ大学中世文明研究所DEA課程入学
1992年4月
日本学術振興会特別研究員(九州大学経済学部)
1992年9月
ポワチエ大学中世文明研究所DEA課程修了
2008年6月
博士号取得(広島大学)

研究業績

 著書

  • フランス中世の地方都市と市場 伝統ヨーロッパとその周辺の市場の歴史(市場と流通の社会史・第1巻) 共著 2010年 清文堂 山田雅彦編
  • 中世盛期西フランスにおける都市と王権 単著 2010年 九州大学出版会

 論文

  • 十三世紀フランスにおける王権のコミューヌ政策と都市内諸権力―ルーアンとポワチエのコミューヌ文書の比較検討から― 単著 2009年 『史学研究』(第265号)
  • 13世紀ポワチエにおける王権・都市民・在地領主 単著 2005年 『歴史家のパレット(佐藤眞典先生御退職記念論集)』渓水社

 研究ノート

  • ポワチエ都市文書庫と史料伝来【アーカイヴズ紹介】 単著 2012年3月 西洋史学報(39号)

 学会関係

  • 中世フランスの都市と市場ネットワーク――中世盛期・後期のラ=ロシェルとオニス地方―― 単独 2016年4月23日 社会経済史学会九州部会4月例会(社会経済史学会九州部会)
  • 中世盛期ラ=ロシェルとボルドーにおけるワイン生産と流通 単独 2014年6月8日 中国四国歴史学地理学協会 中国四国歴史学地理学協会2014年度大会(中国四国歴史学地理学協会)

 社会活動

  • テレビ教養番組制作協力(ビートたけしの『超訳ルーブル』日本テレビ)  2013年12月~2014年3月

 学会等および社会における主な活動

  • 社会経済史学会
  • 日本西洋史学会
  • 西洋中世学会
  • 市場史研究会
  • 日仏歴史学会
  • 九州歴史学研究会

検索結果に戻る  印刷する

ページの先頭へ